バリアフリー・車椅子ユーザー向け設備がある観光スポット

連祥院六角堂

もと太平山神社の別当寺で、天長2年(825)慈覚大師円仁の開創と伝える。本尊は虚空蔵菩薩。明治時代の神仏分離で山上から降ろされ、のち京都頂法寺の六角堂を模した堂宇が建立された。

スポンサーリンク

 連祥院六角堂の所在地や地図は次のとおりです。

名称 連祥院六角堂
都道府県 栃木県
所在地 栃木県栃木市平井町430
ホームページ 栃木市観光協会>六角堂
バリアフリー設備の状況 参道階段を迂回しあじさい坂手前から進入可
​​​​​
備考

関連するページ

【車椅子の旅】太平山神社
大平山中腹の古社。円仁入山後は天下太平を祈る霊場として隆盛。

スポンサーリンク

ページの最初に戻る