バリアフリー・車椅子ユーザー向け設備がある観光スポット

川越市川越伝統的建造物群保存地区

江戸時代に城下町として整備され、商業都市として繁栄した川越には、明治時代の「川越大火」を経て、防火対策のための蔵造りの建物や、堅牢な洋風建築が次々と建てられた。また、川越藩主・酒井忠勝が創建した「時の鐘」も大火の直後に再建されており、中心市街地一帯にはこれら特色ある歴史的景観が残り、多くの観光客が訪れている。

スポンサーリンク

 川越市川越伝統的建造物群保存地区の所在地や地図は次のとおりです。

名称 川越市川越伝統的建造物群保存地区
都道府県 埼玉県
所在地 埼玉県川越市幸町、元町1丁目、元町2丁目、仲町
ホームページ 小江戸川越観光協会
バリアフリー設備の状況 路面は舗装され平坦。地区内に身障者用トイレあり。ただし、常に観光客で混雑し、車道に近接する場所もあるため要注意。
 車椅子用トイレがある
​​​​
備考

関連するページ

【車椅子の旅】川越大師喜多院
小江戸・川越にあり天海僧正が再興。関東天台総本山として隆盛。

スポンサーリンク

ページの最初に戻る