バリアフリー・車椅子ユーザー向け設備がある観光スポット

八幡原史跡公園(川中島古戦場)

武田信玄と上杉謙信との間で12年にわたり5度の合戦が繰り広げられた川中島の古戦場跡を公園として整備したもの。園内には信玄が築いた土塁が残る八幡社のほか、長野市立博物館が立地し、長野盆地の歴史と生活をテーマに出土品や資料を展示しており、プラネタリウムも併設している。

スポンサーリンク

 八幡原史跡公園(川中島古戦場)の所在地や地図は次のとおりです。

名称 八幡原史跡公園(川中島古戦場)
都道府県 長野県
所在地 長野県長野市小島田町1384-1
ホームページ 長野市立博物館
バリアフリー設備の状況 園内はほぼ平坦で身障者トイレあり。博物館も身障者トイレ・スロープ・エレベーターあり、障害者は入館無料。

 車椅子用トイレがある
 身障者無料または割引料金の適用がある
 エレベーターがある
備考

関連するページ

【車椅子の旅】川中島古戦場八幡社
川中島の戦いで有名な八幡原に鎮座する八幡社。土塁の跡が残る。

スポンサーリンク

ページの最初に戻る