バリアフリー・車椅子ユーザー向け設備がある観光スポット

鶴ケ城

会津藩松平氏の居城で、戊辰戦争の際は藩兵が立て篭もり明治新政府軍との激戦となった。明治7年(1874)廃城となったが、昭和40年(1965)に天守閣が再建され、現在は「鶴ケ城博物館」となっている。

スポンサーリンク

 鶴ケ城の所在地や地図は次のとおりです。

名称 鶴ケ城
都道府県 福島県
所在地 福島県会津若松市追手町1-1
ホームページ 会津鶴ヶ城
バリアフリー設備の状況 城内に身障者用トイレ・駐車区画・スロープ・車椅子貸出(観光案内所)あり。天守閣内は階段につき車椅子不可。
 車椅子用トイレがある
 身障者用駐車スペースがある
​​ 車椅子貸出がある
備考

関連するページ

【車椅子の旅】会津さざえ堂
仏堂の内部がさざえのような不思議な二重螺旋構造で重要文化財。
【車椅子の旅】伊佐須美神社
古代四道将軍が創始と伝える式内社。境内には薄墨桜やあやめ園。

スポンサーリンク

ページの最初に戻る