バリアフリー・車椅子ユーザー向け設備がある観光スポット

荻町城跡展望台

中世白川郷を支配した内ヶ島氏(居城の帰雲城が天正大地震で埋没して滅亡)の家臣・山下氏勝の居城だったと伝わる場所で、断崖に建つ典型的な中世の山城。このため、合掌造りの荻町集落全体を見渡せる絶景スポットとなっており、カメラを片手にした観光客の姿も多い。冬季にはライトアップされる。

スポンサーリンク

 荻町城跡展望台の所在地や地図は次のとおりです。

名称 荻町城跡展望台
都道府県 岐阜県
所在地 岐阜県大野郡白川村荻町
ホームページ 白川村役場>荻町城跡展望台
バリアフリー設備の状況 自動車は荻町集落内には進入せず、手前の国道360号から進入すると、展望台前の舗装駐車場(無料)を利用できる。途中の道路脇に身障者用トイレあり。また、白川郷バスターミナルから白山タクシーの「展望台行きシャトルバス」(片道200円)が運行している。
 車椅子用トイレがある
 身障者用駐車スペースがある
 身障者無料または割引料金の適用がある
​​
備考

関連するページ

【車椅子の旅】白川八幡神社
世界遺産白川郷の産土神。例祭では参加者にどぶろくを振る舞う。
【車椅子の旅】明善寺
堂宇は珍しい茅葺きで庫裏は5階建の白川郷を代表する合掌造り。

スポンサーリンク

ページの最初に戻る