バリアフリー・車椅子ユーザー向け設備がある観光スポット

東京駅丸の内駅舎

辰野金吾により設計され大正3年(1914)に竣工を見た駅舎で、ドーム型屋根を備えた赤レンガ造りの美しい外観が特徴的。国の重要文化財に指定されている。平成24年(2012)に保存復原工事が完了し、外壁の化粧レンガ、花崗岩の柱頭飾り、ドーム内部のレリーフなど創建当時の姿が蘇った。

スポンサーリンク

 東京駅丸の内駅舎の所在地や地図は次のとおりです。

名称 東京駅丸の内駅舎
都道府県 東京都
所在地 東京都千代田区丸の内1丁目9-1
ホームページ JR東日本:Over The Century 東京駅丸の内駅舎保存復原
バリアフリー設備の状況 バリアフリー対応施設。エレベーター、多目的トイレ等の設備あり。
 車椅子用トイレがある
​​ エレベーターがある
備考

関連するページ

【車椅子の旅】江戸城(皇居)
太田道灌が築城し徳川三代で日本最大の城郭となる。現在は皇居。

スポンサーリンク

ページの最初に戻る