バリアフリー・車椅子ユーザー向け設備がある観光スポット

偕楽園

金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ「日本三公園」の一つで、天保13年(1842)に水戸9代藩主徳川斉昭が造園。常磐神社わきの千波湖に臨む高台にあり、約3千本の梅が植えられている観梅の名所。

スポンサーリンク

 偕楽園の所在地や地図は次のとおりです。

名称 偕楽園
都道府県 茨城県
所在地 茨城県水戸市常磐町1丁目
ホームページ 偕楽園 | 茨城県営都市公園オフィシャルサイト
バリアフリー設備の状況 園内に身障者用トイレあり、好文亭は階段あるも障害者手帳所持者、介護者1名まで無料。偕楽園公園センター、偕楽園レストハウス、見晴亭などで車椅子貸出あり。
 車椅子用トイレがある
 身障者無料または割引料金の適用がある
 車椅子貸出がある
備考

関連するページ

【車椅子の旅】常磐神社
祭神は徳川光圀・徳川斉昭。梅の名所である偕楽園の祠堂を遷座。

スポンサーリンク

ページの最初に戻る