バリアフリー・車椅子ユーザー向け設備がある観光スポット

新田荘歴史資料館

大田市内の文化財を保存・公開するための資料館で、もともと東毛広域市町村圏振興整備組合が運営していた東毛歴史資料館を太田市に移管したもの。入口には鎌倉攻めの際に稲村ヶ崎で黄金作りの太刀を海神に献上したという『太平記』の逸話にもとづく新田義貞の銅像が建ち、館内には新田義貞をはじめ、新田氏の末裔を称する徳川家康、長楽寺ゆかりの天海僧正、群馬県出身の小説家である田山花袋、当地出身で東洋最大といわれた戦前の中島飛行機の創設者中島知久平に関連した資料が多数展示されている。また、周囲には世良田東照宮、長楽寺などがあることから、一帯を歴史公園として整備している。

スポンサーリンク

 新田荘歴史資料館の所在地や地図は次のとおりです。

名称 新田荘歴史資料館
都道府県 群馬県
所在地 群馬県太田市世良田町3113
ホームページ 新田荘歴史資料館
バリアフリー設備の状況 歴史公園内に身障者駐車場、身障者用トイレ、スロープあり
 車椅子用トイレがある
 身障者用駐車スペースがある
​​​
備考

関連するページ

【車椅子の旅】世良田東照宮
徳川発祥の地とされ江戸初期に日光東照宮を勧請し旧社殿を移築。

スポンサーリンク

ページの最初に戻る