バリアフリー・車椅子ユーザー向け設備がある観光スポット

塙保己一記念館

江戸時代の国学者で、幼少時に失明しながらも、古今の国史、国文学に関する貴重な書籍を集めた666冊に及ぶ『群書類従』を著したり、和学講談所を設立するなどして、ついに総検校の地位まで昇り詰めた塙保己一(はなわほきいち)をテーマとする記念館。いまの埼玉県本庄市児玉町保木野で父・荻野宇兵衛のもとに出生したことから、市内のアスピアこだま内に開設され、塙保己一の遺品や関係資料を収蔵展示し、その業績について紹介している。

スポンサーリンク

 塙保己一記念館の所在地や地図は次のとおりです。

名称 塙保己一記念館
都道府県 埼玉県
所在地 埼玉県本庄市児玉町八幡山368番地
ホームページ 本庄市>塙保己一記念館
バリアフリー設備の状況 身障者用駐車場・多目的トイレ・スロープ・触知案内板・音声ガイドあり
 車椅子用トイレがある
 身障者用駐車スペースがある
​​​
備考

関連するページ

【車椅子の旅】金鑚神社
日本武尊開創の武蔵国五宮で本殿はなく神体山を拝む古俗を残す。

スポンサーリンク

ページの最初に戻る