バリアフリー・車椅子ユーザー向け設備がある観光スポット

ワープステーション江戸

「ワープステーション江戸」は、もとはNHKの大河ドラマ撮影用につくられた時代劇のロケ施設で、江戸城大手門、宿場町、芝居小屋、庄屋屋敷、明治の町並みなどのオープンセットが建ち並んでいる。一時期は公営のテーマパークとなっていたが、現在はNHKエンタープライズが運営するロケ施設としての利用が中心であり、撮影に支障がない範囲で一般公開もされている。「つくばみらい市立歴史館」が併設され、つくばみらい市(常陸国筑波郡上平柳村)出身で江戸時代に樺太を探検した間宮林蔵の資料などを展示している。

スポンサーリンク

 ワープステーション江戸の所在地や地図は次のとおりです。

名称 ワープステーション江戸
都道府県 茨城県
所在地 茨城県つくばみらい市南太田1176
ホームページ ワープステーション江戸
バリアフリー設備の状況 身障者用トイレ、身障者駐車場あり、身障者手帳所持者および付添人1名無料、ただしオープンセットがある街路は未舗装
 車椅子用トイレがある
 身障者用駐車スペースがある
 身障者無料または割引料金の適用がある
​​
備考

関連するページ

【車椅子の旅】板橋不動尊
茨城の真言寺院で安産祈願で知られる。平安時代の本尊は国重文。

スポンサーリンク

ページの最初に戻る