バリアフリー・車椅子ユーザー向け設備がある観光スポット

道の駅龍勢会館

全国的にもめずらしい手作りロケット花火「龍勢」の製造過程や打ち上げの様子などを大型スクリーンや櫓の実物大展示などを通じて体感できる道の駅。農産物直売所や食堂「龍勢茶屋」も併設され、蕎麦、味噌、こんにゃく、まんじゅうなどの地場産品も楽しめる。自由民権運動の激化事件として知られる「秩父事件」の資料館もあり、映画『草の乱』で用いた秩父困民党の会計長・井上伝蔵邸のロケセットをそのまま移築して活用している。

スポンサーリンク

 道の駅龍勢会館の所在地や地図は次のとおりです。

名称 道の駅龍勢会館
都道府県 埼玉県
所在地 埼玉県秩父市吉田久長32
ホームページ 龍勢の町よしだ
バリアフリー設備の状況 身障者駐車場、身障者トイレ、スロープあり。なお、実際の「龍勢祭り」当日は交通規制も敷かれて周辺一帯は大混雑し、相当の準備をしないと車椅子での観覧は難しいため、「吉田龍勢保存会」のホームページなどを確認のこと。
 車椅子用トイレがある
 身障者用駐車スペースがある
​​​
備考

関連するページ

【車椅子の旅】椋神社
手作りロケット花火を上げる龍勢祭りで有名。秩父事件決起の地。

スポンサーリンク

ページの最初に戻る