バリアフリー・車椅子ユーザー向け設備がある観光スポット

御城番屋敷

江戸幕末に松坂城を警護していた紀州藩士たちが住んだ武家屋敷で、文久3年(1863)に建てられたもの。松坂城の直下にあり、石畳になっている通路の両側に生垣に囲まれた建物が見られる。国重要文化財。現在も実際に子孫が暮らしているが、入口付近の住居や土蔵は一般にも公開されている。

スポンサーリンク

 御城番屋敷の所在地や地図は次のとおりです。

名称 御城番屋敷
都道府県 三重県
所在地 三重県松阪市殿町1385
ホームページ 松阪市観光協会>御城番屋敷
バリアフリー設備の状況 入口付近に身障者用トイレあり
 車椅子用トイレがある
​​​​
備考

関連するページ

【車椅子の旅】松阪神社
四五百森に鎮座する松坂城の鎮守。式内社意悲神社に比定される。
【車椅子の旅】御厨神社
もとは伊勢神宮の御厨に鎮座した国学者の本居宣長ゆかりの神社。
【車椅子の旅】継松寺
伊勢松坂にある日本最初の厄除観音。初午大祭の猿はじきが名物。

スポンサーリンク

ページの最初に戻る