児童手当・児童扶養手当

鳥取県伯耆町の児童手当・児童扶養手当



毎年1月は児童扶養手当の、毎年2月は児童手当の支給月です。児童扶養手当については、法律の改正により令和元年11月から支払回数が年6回、2か月分ずつに変更(児童手当は従来どおり)となりました。


目次
  1. 児童手当・児童扶養手当とは
  2. 児童手当・児童扶養手当の支給額(もらえる金額)
  3. 所得制限限度額
  4. 児童手当・児童扶養手当の窓口と支給月
  5. 伯耆町役場の地図・電話番号
  6. その他のトピック



児童手当・児童扶養手当の支給額(もらえる金額)

児童手当や児童扶養手当の支給額は、対象となる子供が何人目であるかや、子供の年齡、親の所得水準などによって、次の表のとおり違いが生じます。


児童手当支給額
区分 児童1人あたり月額
3歳未満 15,000円
3歳~小学生 第1子・第2子 10,000円
第3子以降 15,000円
中学生 10,000円
所得制限限度額以上の人 5,000円

児童扶養手当支給額
区分 児童1人 児童2人目
(加算)
児童3人目以降
(加算)
全部支給 42,910円 10,140円 6,080円
一部支給 42,900円~10,120円 10,130円~5,070円 6,070円~3,040円

所得制限限度額

児童手当や児童扶養手当には、受け取る人の扶養親族等の数に応じて、次のような所得制限限度額が設定されています。
この所得制限限度額は、手当を受け取る人の前年または前々年(年度切り替えの都合による)の税法上の扶養親族等の数にもとづき審査されます。


所得制限限度額
扶養親族の数 児童手当 児童扶養手当
全額支給 一部支給
0人 622.0万円 49.0万円 192.0万円
1人 660.0万円 87.0万円 230.0万円
2人 698.0万円 125.0万円 268.0万円

児童手当・児童扶養手当の窓口と支給日

児童手当および児童扶養手当の窓口(所管課)は市町村役場ごとに異なり、本庁以外(たとえば、福祉事務所・保健福祉センター・行政センターなど)で取り扱う場合があります。
また、児童手当の支給月は毎年2月・6月・10月、児童扶養手当の支給月は毎年1月・3月・5月・7月・9月・11月であり、前回までの分がまとめて銀行口座に振り込まれます。
ただし、支給日は市町村ごとに異なりますので、引っ越しや振込先変更があった場合や、最新の支給日を知りたい場合は、伯耆町役場に電話で問い合わせるのが確実です。


伯耆町役場の地図・電話番号

名称 伯耆町役場
(リンクをクリックすると公式ホームページに移動します。)
所在地 〒689-4133
鳥取県西伯郡伯耆町吉長37-3
電話番号 0859-68-3111

児童手当の受取口座を変更する手続き

児童手当を受給している人が、受取先となる銀行口座を別の口座に変更したいときには、役所の窓口で変更手続きをする必要があります。一般にこの手続きには、本人の印鑑、金融機関の名称・支店名・口座番号が分かるもの(通帳など)、本人確認ができるもの(運転免許証やパスポートなど)が必要です。
変更できる口座は、あくまでも受給者本人の口座のみですので、配偶者や児童名義の口座、その他本人以外の名義の口座に変更することはできません。
なお、児童手当は毎年2月・6月・10月に口座振込となりますので、振込予定日の直前に手続きをした場合には、振込日までに実際の変更が完了できないおそれがあります。入金が確認できるまでは、以前の口座は解約しないようにするのが望ましいといえます。


マイナンバー確認に必要な書類

児童手当の各種手続きには役所の窓口でマイナンバー確認および身元確認が必要になることがあります。
この場合のマイナンバー確認に必要な書類は、個人番号カード・通知カード・マイナンバーが記載された住民票の写しや住民票記載事項証明書のいずれか1点です。
窓口で申請する人の身元確認に必要な書類は、1点だけで確認できるものとしては、運転免許証・運転経歴証明書・パスポート・障害者手帳または療育手帳・在留カード・特別永住者証明書などがあります。2点以上を組み合わせて確認できるものとしては、健康保険証・国民年金手帳・児童扶養手当証書・特別児童扶養手当証書などがあります。




知って得する! 国・自治体からこんなに! もらえるお金大全
TAC出版編集部 (著)
Amazon アソシエイト

↑ ページの最初に戻る