ファミリー・サポート・センター

ファミリー・サポート・センター 関東地方

日立ファミリー・サポート・センター


ファミリー・サポート・センターとは

ファミリーサポートセンターは、子育ての手伝いをしたい人と、子育ての手助けをしてほしい人とが会員となって、地域の会員同士で子育てを支え合う取り組みをいいます。

参考法令
児童福祉法(昭和22年法律第164号)
第6条の3 (略)
14 この法律で、子育て援助活動支援事業とは、厚生労働省令で定めるところにより、次に掲げる援助のいずれか又は全てを受けることを希望する者と当該援助を行うことを希望する者(個人に限る。以下この項において「援助希望者」という。)との連絡及び調整並びに援助希望者への講習の実施その他の必要な支援を行う事業をいう。
一 児童を一時的に預かり、必要な保護(宿泊を伴つて行うものを含む。)を行うこと。
二 児童が円滑に外出することができるよう、その移動を支援すること。



ファミリー・サポート・センターの会員の種類

ファミリー・サポート・センターの会員には、サービスを利用する側の「利用会員」のほか、サービスを提供する側の「協力会員」、その両方にあたる「両方会員」があります。
いずれの会員についても登録制となっており、通常、会員となるにあたって、所定の説明会や研修会への参加が求められます。


ファミリー・サポート・センターの会員登録

ファミリー・サポート・センターは会員制度をとっているため、まずは会員としての登録を行う必要があります。
申し込みは、ファミリー・サポート・センターの事務局に対して行いますが、通常の場合、申込書や保護者の顔写真(証明用写真)などの提出が必要となります。
また、子供を預けるという特殊性から、入会するにあたっては、事務局のスタッフによる説明会や研修会などを受けることになります。


日立ファミリー・サポート・センターの電話番号・基本料金・対象エリアなど

地図が表示されるまでお待ちください。

名称 日立ファミリー・サポート・センター
(リンクをクリックすると公式サイトにジャンプします。)
所在地 〒317-0064
茨城県日立市神峰町1-10-1
電話番号 0294-27-6633
基本料金 600円/1時間
対象エリア 日立市
受託者 一般社団法人ライフ・ケア・ひたち
自治体所管課 日立市子ども福祉課
備考 病児・緊急対応強化事業実施市区町村


注意事項:
基本料金は平日日中の料金であり、時間外、土曜日・日曜日・祝休日、病児・病後児の料金は異なります。また、助成金やチケットにより実際の負担額は安くなることがあります。特に、生活保護世帯・ひとり親世帯・住民税非課税世帯は多くの市町村で料金が減免されています。

児童手当の現況届とは

児童手当を受給している人は、毎年6月に「児童手当現況届」を提出しなければなりません。
役所ではこの届出によって受給者の前年の所得や児童の養育状況を確認し、6月分以降も引き続き受給要件を満たしているかどうかを判断するため、届出がない場合、6月分以降の手当が受けられないことになります。
ただし、転入や出産などの理由で6月分以降に支給開始となった人については届出の必要がありません。


特別児童扶養手当を受けることができる人

特別児童扶養手当は、身体や精神に一定以上の障害のある20歳未満の児童を監護している父もしくは母(所得の高いほうの人)、または父母に代わって児童を養育している人が受けることができる手当です。
ただし、父母・養育者および児童が日本国内に住所を有しない場合、児童が障害年金を受けることができる場合、児童が児童福祉施設などに入所している場合には受けることができません。



 

発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法 Amazon アソシエイト

ポジティブ・アクション




↑ ページの最初に戻る