ファミリー・サポート・センター

諏訪市育児ファミリー・サポート・センターすわ子育て支援ネットワーク“ぷりん”


ファミリーサポートセンターとは、地域で子育て支援を受けたい人と、行いたい人とが会員になって、相互に助け合うための会員組織のことをいいます。はたらく女性の子育てと仕事の両立を応援する目的から、厚生労働省によって事業化され、現在では全国の多くの市町村で実施されています。



メニュー
  1. ファミリー・サポート・センターとは
  2. 諏訪市育児ファミリー・サポート・センターすわ子育て支援ネットワーク“ぷりん”の連絡先・料金
  3. その他のトピック


ファミリー・サポート・センターの連絡先や利用料金

名称

諏訪市育児ファミリー・サポート・センターすわ子育て支援ネットワーク“ぷりん”
(リンクをクリックすると公式サイトにジャンプします。)

連絡先

長野県諏訪市湯の脇1-10-2
電話:0266-58-3494

基本料金

800円/時間

窓口

諏訪市子ども課
NPO法人すわ子ども文化ステーション

備考

病児・緊急対応強化事業
基本料金は平日日中の料金であり、時間外、土曜日・日曜日・祝休日、病児・病後児の料金は異なります。また助成金やチケットにより実際の負担額が安くなることがあります。
なお、上記は掲載時点のデータですので、最新情報は自治体などにお問い合わせください。

ファミリー・サポート・センターの利用料金

ファミリー・サポート・センターは、無償で子供を預かるわけではなく、きわめて低価格ではあるものの、協力会員に対して、一定の報酬を支払う、有償ボランティアに近い形態になっています。
実際にファミリー・サポート・センターを利用して子供を預ける場合の料金は、市町村ごとにまちまちです。
また、一部の市町村では、病児・病後児の預かりや、夜間などの緊急時の預かりにも対応していますが、その場合も同様に単価は高くなります。


ファミリー・サポート・センターの利用対象

ファミリー・サポート・センターの会員になれる保護者の条件としては、ファミリー・サポート・センターの所在する市町村に住んでいて、かつ、子育てをしていることが一般的ですが、なかには市町村の外に住んでいても、市内の企業などで働いている場合はOKとしていることもあります。
また、広域でセンターを設置している場合は、そのエリア内の市町村に在住していれば入会が認められることがあります。



↑ ページの最初に戻る