ファミリー・サポート・センター

ファミリー・サポート・センター 四国地方

かいようファミリー・サポート・センター


ファミリー・サポート・センターとは

ファミリーサポートセンターとは、地域で子育て支援を受けたい人と、行いたい人とが会員になって、相互に助け合うための会員組織のことをいいます。はたらく女性の子育てと仕事の両立を応援する目的から、厚生労働省によって事業化され、現在では全国の多くの市町村で実施されています。

参考法令
児童福祉法(昭和22年法律第164号)
第6条の3 (略)
14 この法律で、子育て援助活動支援事業とは、厚生労働省令で定めるところにより、次に掲げる援助のいずれか又は全てを受けることを希望する者と当該援助を行うことを希望する者(個人に限る。以下この項において「援助希望者」という。)との連絡及び調整並びに援助希望者への講習の実施その他の必要な支援を行う事業をいう。
一 児童を一時的に預かり、必要な保護(宿泊を伴つて行うものを含む。)を行うこと。
二 児童が円滑に外出することができるよう、その移動を支援すること。



ファミサポ事業における講習の実施

ファミリー・サポート・センター事業を実施する場合には、あらかじめ定められた項目、時間を概ね満たした講習を実施し、これを修了した会員が活動を行うことが望ましい旨、厚生労働省から自治体あてに通知されています。
この通知によれば、発達心理の専門家による「心の発達とその問題」、看護師・保健師による「小児看護の基礎知識」、ファミリー・サポート・センターアドバイザー等による「事業を円滑に進めるために」、栄養・保育学科栄養学の専門家・管理栄養士等による「子どもの栄養と食生活」などの講義をあわせて24時間が標準とされています。


母子手帳とファミサポ事業

「母子手帳」の様式については、母子保健法施行規則とよばれる省令のなかで、身体発育状況、栄養状態、予防接種状況なと、いくつかの項目が全国共通で盛り込まれるように定められています。
ほかにも、任意で記載したほうがよい内容については、厚生労働省が別途、自治体あてに通知を出しています。
そのなかの「地域の育児サポート」の項目中、ファミサポ事業についても取り上げられています。
例文として、”育児に疲れてしまったときや病気になったときなどは、地域の育児サポートを利用するのも良いでしょう。具体的には、保育所などで子どもを一時的に預かる「一時預かり」や「ショートステイ」、地域における育児の相互援助活動を行う「ファミリー・サポート・センター」、身近なところで子育て親子が気軽に集まって交流する場を設けて子育てに関する相談や地域の子育て情報を提供する「地域子育て支援拠点」、家事支援、育児指導・家庭教育支援などを行う家庭訪問があります。”との記載があります。


かいようファミリー・サポート・センターの電話番号・基本料金・対象エリアなど

地図が表示されるまでお待ちください。

名称 かいようファミリー・サポート・センター
(リンクをクリックすると公式サイトにジャンプします。)
所在地 〒775-0302
徳島県海部郡海陽町奥浦字新町44
電話番号 0884-74-3112
基本料金 700円/時間
対象エリア 海陽町
受託者 公益財団法人徳島県勤労者福祉ネットワーク
自治体所管課 海陽町保健福祉課
備考


注意事項:
基本料金は平日日中の料金であり、時間外、土曜日・日曜日・祝休日、病児・病後児の料金は異なります。また、助成金やチケットにより実際の負担額は安くなることがあります。特に、生活保護世帯・ひとり親世帯・住民税非課税世帯は多くの市町村で料金が減免されています。

福祉医療費とは

福祉医療制度とは、加入している健康保険で医療機関を受診したときの医療費の自己負担額を、自治体のほうが代わりに負担して無料化する制度のことです。
対象は原則として中学校3年生まで(満15歳の誕生日以後の最初の3月31日まで)となっていますが、4月1日生まれの場合は15歳の誕生日の前日までとなります。


児童扶養手当とは

児童扶養手当とは、父母の離婚などにより父または母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立を助け、児童福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。
原則として児童が18歳に達して迎えた最初の3月までが支給の対象ですが、児童の心身に一定の基準以上の障害がある場合は、満20歳未満まで手当を受けることができます。



 

写真でわかる重症心身障害児(者)のケア アドバンス(DVD BOOK) (写真でわかるアドバンスシリーズ)  Amazon アソシエイト

ポジティブ・アクション




↑ ページの最初に戻る