益城町ファミリー・サポート・センター

イメージ

スポンサーリンク

ファミリー・サポート・センターの利用対象

ファミリー・サポート・センターの会員になれる保護者の条件としては、ファミリー・サポート・センターの所在する市町村に住んでいて、かつ、子育てをしていることが一般的ですが、なかには市町村の外に住んでいても、市内の企業などで働いている場合はOKとしていることもあります。
また、広域でセンターを設置している場合は、そのエリア内の市町村に在住していれば入会が認められることがあります。


ファミサポ事業における講習の実施

ファミリー・サポート・センター事業を実施する場合には、あらかじめ定められた項目、時間を概ね満たした講習を実施し、これを修了した会員が活動を行うことが望ましい旨、厚生労働省から自治体あてに通知されています。
この通知によれば、発達心理の専門家による「心の発達とその問題」、看護師・保健師による「小児看護の基礎知識」、ファミリー・サポート・センターアドバイザー等による「事業を円滑に進めるために」、栄養・保育学科栄養学の専門家・管理栄養士等による「子どもの栄養と食生活」などの講義をあわせて24時間が標準とされています。


Amazon アソシエイト

 益城町ファミリー・サポート・センターの所在地、連絡先は次のとおりです。

名称 益城町ファミリー・サポート・センター
郵便番号 861-2211
所在地 熊本県上益城郡益城町福原798-1
電話番号 096-289-1631
基本料金 500円/時間
対象地域 益城町 ​
受託者 特定非営利活動法人子育て応援おおきな木
所管課 益城町こども未来課
備考

スポンサーリンク


ファミリー・サポート・センターとは

ファミリーサポートセンターとは、子育てを援助してもらいたい人と、子育てを援助したい人を会員にして、地域で互いに子育てをささえ合うしくみのことです、たとえば、仕事をしている母親にかわって保育所までの送迎を行ったり、学校の放課後に子どもを預かったり、親の病気や急用の場合に子どもを預かったりといった使い方ができます。

参考法令
児童福祉法(昭和22年法律第164号)
第6条の3 (略)
14 この法律で、子育て援助活動支援事業とは、厚生労働省令で定めるところにより、次に掲げる援助のいずれか又は全てを受けることを希望する者と当該援助を行うことを希望する者(個人に限る。以下この項において「援助希望者」という。)との連絡及び調整並びに援助希望者への講習の実施その他の必要な支援を行う事業をいう。
一 児童を一時的に預かり、必要な保護(宿泊を伴つて行うものを含む。)を行うこと。
二 児童が円滑に外出することができるよう、その移動を支援すること。


注意事項 : 基本料金は平日日中の料金であり、時間外、土・日・祝日、病児・病後児の料金は異なります。また、助成金やチケットにより実際の負担額は安くなることがあります。特に、生活保護・ひとり親・非課税世帯は多くの市町村で料金が減免されます。

サイト内検索

スポンサーリンク

地方別索引

日本地図

ポジティブ・アクション

Amazon アソシエイト

▲ ページの先頭に戻る