ファミリー・サポート・センターの事務局や活動場所

イメージ

このウェブサイトは、仕事と子育ての両立のために、子供の預かりなどのサービスを提供している全国のファミリー・サポート・センターのあらまし、事業内容、料金体系などについて記したものです。それぞれの市町村のファミリー・サポート・センターの位置や連絡先もわかります。

スポンサーリンク

Amazon アソシエイト

ファミリー・サポート・センターの事務局

ファミリー・サポート・センターは、基本的に市町村の児童福祉課、子育て支援課などの部局が事業を運営していますが、直営方式の場合は市町村のスタッフ(嘱託公務員など)がみずから行うものの、他の団体に事業を委託する場合も多く、この場合はそれぞれの委託先が窓口となっています。

委託方式の場合には、市町村の社会福祉協議会、子育て支援の活動を行っている社会福祉法人(幼稚園、保育所、認定こども園など)やNPO法人(特定非営利活動法人)が主体となっています。

いずれも児童福祉分野ではそれなりの実績がある団体ですので、市町村がみずから運営するよりも、逆に現場でのノウハウを持っている場合があります。

こうしたファミリー・サポート・センターの事務局には、コーディネーターとよばれる人が配置されており、利用会員の希望条件などをもとにして、適当な地域の協力会員と結びつけるという役割を担っています。

そのほかにも育児の経験が豊富なアドバイザーを置いていたりする場合もありますので、なにか困ったことがあれば相談してみるというのもひとつの手です。


ファミリー・サポート・センターの活動場所

ファミリー・サポート・センターでの子供の預かりは、基本的には協力会員の家庭でということになります。

これも市町村によって違いがあり、公設の児童館や子育て支援センターのような建物内で、集団で預かるという場合もあります。

また、建物を出ての野外活動をしたり、保護者が持参した食事を提供したりといったこともありますが、一部の市町村では、逆に子供に危険が及ばないように禁止している場合もあり、市町村のスタンスによってかなりの差があります。


ファミリー・サポート・センターの安全対策

ファミリー・サポート・センターでは子供を預かるという事業を実施している以上、子供の安全に配慮することはもちろんのことですので、協力会員に対して定期的に研修を受けさせるなどの対応をしています。

それとともに、預かっている最中に子供が事故を起こした場合に備えて、通常は傷害保険に加入しているものです。

ただし、基本的にファミリー・サポート・センターの事業というのは、地域における子育て支援の有償ボランティアのようなものですので、最終的には当事者同士の話し合いにゆだねられてしまう可能性があります。

実際に過去にはファミリー・サポート・センターの紹介した協力会員宅でのトラブルにより、民事訴訟に発展した事例もあります。

そこで、少なくとも十分な保険に加入しているかどうかなどについては、市町村にあらかじめ確認をしておくのがよいといえます。


サイト内検索

ポジティブ・アクション

スポンサーリンク

地方別索引

日本地図

▲ ページの先頭に戻る