義民のあしあと

トップページ



江戸時代の一揆の件数と性質

江戸時代に発生した百姓一揆の件数は、『百姓一揆総合年表』によれば3,000件以上に達するとされています。
一揆の件数は「享保の改革」が行われた享保年間以降、特に享保の飢饉・天明の飢饉・天保の飢饉といった「江戸三大飢饉」の後に増加し、慶応2年(1866)にピークを迎えています。

百姓一揆とひとことで言っても、江戸時代前期の17世紀には庄屋などの村役人が村を代表して領主に村の窮状を直訴する「代表越訴型一揆」、中期の18世紀には村人すべて、あるいは複数の村が協力して領主に対して年貢減免を強訴する「惣百姓一揆」、後期の19世紀になると社会全体の変革を目指して本百姓・水呑百姓らが村役人と領主の双方に強訴・打毀しで対抗する「世直し一揆」と、時期によってそれぞれ性質が異なるといわれています。
もっとも、地域性による違いはありますので、これが絶対的な分類というわけではありません。



義民年表

百姓一揆義民年表のページをご覧ください。


義民に関する言い伝え・ゆかりの場所


日本のお寺・神社 絶壁建築めぐり
飯沼義弥 (著), 渋谷申博 (監修)
Amazon アソシエイト

↑ ページの最初に戻る