義民のあしあと

岡村源兵衛・大西与三右衛門(本要寺宝蔵及び義民碑)

免税の証拠となった秀吉の制札を納める本要寺宝蔵と直訴した2人を讃える義民碑(右奥)


羽柴秀吉が三木城下に発した地子銭免許が江戸幕府の「延宝検地」によって取り消されそうになったところ、岡村源兵衛、大西与三右衛門の2名が決死の覚悟で老中に嘆願し、秀吉の制札という決定的な証拠もあいまって、そのまま認められることになりました。町では制札を保存する「宝蔵」を本要寺境内につくるとともに、2人を義民と讃えて「義民碑」を建立しました。



義民伝承の内容と背景

丹波の大名・波多野秀治とともに織田信長に反旗を翻した播磨の大名・別所長治は、天正8年(1580)、三木城に籠城するものの、本要寺に陣取った羽柴秀吉の「三木の干殺し」と呼ばれる兵糧攻め戦術に遭い自刃、落城します(三木合戦)。
本要寺で別所長治の首実検を済ませた羽柴秀吉は、その後城下町の再興を図るため、この地域に地子銭(税金)を免除する制札を与え、これが江戸時代にも引き継がれました。

ところが、江戸幕府による「延宝検地」において、この特権が取り消されてしまったことから、ときの庄屋たちが本要寺に集まり談合した結果、翌年の延宝6年(1678)、平田町大庄屋の岡村源兵衛、平山町年寄の大西与三右衛門の2名が、幕府に直接訴えることとなりました。

岡村源兵衛、大西与三右衛門の2名は、江戸に上京したものの、交渉の余地なく門前払いが続いたことから、雪降る中を決死の覚悟で老中・酒井雅楽頭忠清の屋敷前に断食をして座り込み(ハンガーストライキ)、さらには本要寺の味噌樽の蓋として転用されていた秀吉の制札を見つけて決定的な証拠として提出したことから、死罪を免れたばかりか、免税の成果を得ることができました。

このことを教訓として、元禄7年(1694)、本要寺の境内に秀吉の制札や古文書を保存するための「宝蔵」(現在は三木市の公有財産)がつくられたほか、宝永4年(1707)には、岡村源兵衛、大西与三右衛門の2名を顕彰するための「義民碑」も建てられました。

現在でも三木市では7月18日に「義民祭」(夏の義民祭)が開催されているほか、「宝蔵」内部の古文書の虫干しもあわせて行われています。
なお、大西与三右衛門の墓がある本長寺(三木市府内町6-43)でも、12月8日に「冬の義民祭」が開催されています。


本要寺宝蔵及び義民碑へのアクセス

[大きな地図で見る]

文中に緯度・経度の記載がある場合は、値(例えば「35.689634, 139.692101」)をコピーして検索すれば、その場所の地図(Googleマップ)が表示されます。

名称

本要寺宝蔵及び義民碑 [参考リンク]

場所

兵庫県三木市本町2-3-6
(この地図の緯度・経度:34.797897, 134.9831)

備考

「本要寺宝蔵及び義民碑」は、三木駅から美嚢川を渡り南へ徒歩3分の本要寺境内左手奥にあります。道路沿いに駐車スペースのほか「三木義民之碑 三木市宝蔵 太閤秀吉旧蹟」という石柱が建っています。
宝蔵の周囲にいくつか墓碑や供養碑などがありますが、義民碑は宝蔵右手の奥まった場所にあるものです。
参考文献に関連して、三木市では神戸大学との協働により平成27年度から新たな『三木市史』の編纂に着手しています。


参考文献

リンク先のAmazonのページ下部に書誌情報(ISBN・著者・発行年・出版社など)があります。リンクなしは稀覯本や私家本ですが、国立国会図書館で借りられる場合があります。

近畿地方 岡村源兵衛