義民のあしあと

義民佐藤太郎右衛門(義民太郎右衛門霊堂)



享保14年(1729)、年貢増徴に苦しんだ百姓らが代官所への強訴、福島藩への越訴をし、さらに佐原村の名主・佐藤太郎右衛門が代表として江戸に向かい、目安箱に直訴しようとしたものの捕らえられ、翌年に佐原荒田口で打首獄門となりました。太郎右衛門の墓所の近くには、その霊をなぐさめるための霊堂が建っています。



目次
  1. 義民太郎右衛門霊堂の概要
  2. 義民太郎右衛門霊堂へのアクセス
  3. 義民伝承の内容と背景
  4. 参考文献

義民太郎右衛門霊堂へのアクセス

名称 義民太郎右衛門霊堂
場所 福島県福島市佐原西手城森地内
(地図の緯度・経度:37.706275, 140.349169)
備考
舗装道沿いに「義民太郎右衛門霊堂と墓所入口」の看板が出ています。
リンク [クリックして遷移]
注意
文中に特定の場所の緯度・経度が記載されている場合は、検索ボックス内に値(例えば「35.689634, 139.692101」)をコピーして検索ボタンをクリックすれば、該当する場所の地図(Googleマップ)が表示されます。

義民伝承の内容と背景

福島地方(信達地方)では江戸時代を通じて百姓一揆が頻繁に発生していますが、享保14年(1729)には、幕府(天領)の川俣代官、大森代官を兼務した岡田庄太夫によって、定免法の採用と年貢増徴が矢継ぎ早に行われたため、これに苦しんだ百姓らによる「信達一揆」が勃発しました。

なお、同じ地方で違う年代に一揆が起きているため、この名称が使われている一揆は複数あります。

すなわち、信達地方68か村の年貢減免を求めて百姓らが代官所に強訴するとともに、福島藩・二本松藩にも越訴をしますが、その首謀者として捕らえられた立子山村の忠治郎、小左衛門の両名は死罪となり、立子山の疣石峠に晒し首にされました。

この時期、佐原村の名主であった佐藤太郎右衛門(佐原太郎右衛門)は、祖父・父・本人の3代にわたる治水事業(太郎右衛門堰)によって地域で慕われていましたが、このような一揆の顛末から、死を覚悟の上、江戸に出向いて直接将軍に訴えるしかないとの結論に達しました。

佐藤太郎右衛門は百姓の代表として、目安箱への投書(箱訴)の機会をうかがうこととなりましたが、ついに捕縛され、翌年に佐原荒田口(現在のあづま総合運動公園) で同様に打首獄門となりました。

この太郎右衛門の墓所の近くには、その霊をなぐさめるための霊堂が建っています。

参考文献・参考資料


書誌情報(ISBNコード・著者・発行年・出版社など)はリンク先下部に記載があります。リンクがない参考文献は、一般に流通していない稀覯本や私家本が多いものの、国立国会図書館で貸出をしている場合があります。

↑ ページの最初に戻る