義民のあしあと

伏見義民(伏見義民事蹟)

御香宮神社に建つ撰文・勝海舟、題字・三条実美の「伏見義民事蹟」の石碑


ちょうど「天明の飢饉」の只中にあった天明5年(1785)、伏見の町人・文殊久助ら7人は伏見奉行・小堀政方の悪政を幕府に直訴し、小堀正方は罷免されたが、町人7人は取調べの最中に獄死した。庶民を救ったこの7人を顕彰するため、「伏見義民」と称し、明治時代に御香宮神社内に石碑が建てられた。


義民伝承の内容と背景

江戸時代の伏見は、京都と大阪の市街地を結ぶ中間にあり、陸運、舟運ともに栄える交通の要衝であったため、特に幕府の直轄とし、伏見奉行を置いていた。

この時代、老中・田沼意次に接近した近江小室藩(今の長浜市)の6代藩主・小堀正方(まさみち)は、幕府の要職を歴任し、安永8年(1779)には伏見奉行の職にも就くこととなった。

小堀家は茶道家、作庭家として知られる藩祖・小堀政一(小堀遠州)をもつ由緒ある一族だが、正方は自らが酒食に耽るため、あるいは藩財政の穴埋めとして、伏見の町民らから御用金を不当に徴収したため、民衆の煩いは大きかった。

時しも江戸四大飢饉に数えられる天明の飢饉が起こり、都市部でも米価が高騰していたところ、このような悪政を見るに見かねた伏見元町年寄の文殊九助ら7人は、身を捨てて幕府に直訴することを企てた。

天明5年(1785)、江戸城から下城の途中だった寺社奉行・松平伯耆守の駕籠に近づいて直訴状を提出した。(「伏見天明事件」)

このころ、田沼意次が失脚し、代わって「寛政の改革」で知られる松平定信が老中に就任したこともあり、天明8年(1788)、小堀正方は在職中の不正を理由に奉行を罷免され、最終的にその身柄は相模小田原藩・大久保家にお預けとなり、近江小室藩も廃藩となった。

しかし、直訴後に捕縛されて過酷な取調べを受けた文殊久助ら7人、すなわち、文珠九助、丸屋九兵衛、麹屋伝兵衛、伏見屋清左衛門、柴屋伊兵衛、板屋市右衛門、焼塩屋権兵衛も相次いで獄中で死亡し、人々はこの義挙をたたえて「伏見義民」とよんだ。

明治20年(1887)の百年祭を機に、伏見義民を顕彰するため、御香宮神社境内に石碑が建てられ、碑文は勝海舟が撰文し、題字は三条実美が揮毫した。

いまでも毎年5月18日になると、義民の子孫らによって「伏見義民祭」が行われている。


伏見義民事蹟へのアクセス

[大きな地図で見る]

文中に緯度・経度の記載がある場合は、値(例えば「35.689634, 139.692101」)をコピーして検索すれば、その場所の地図(Googleマップ)が表示されます。

名称

伏見義民事蹟 [参考リンク]

場所

京都府京都市伏見区御香宮門前町地内
(この地図の緯度・経度:34.9331738, 135.7671991)

備考

御香宮神社の表門入ってすぐ左側の岡の上にあります。


参考文献

リンク先のAmazonのページ下部に書誌情報(ISBN・著者・発行年・出版社など)があります。リンクなしは稀覯本や私家本ですが、国立国会図書館で借りられる場合があります。

近畿地方 伏見義民 伏見騒動