義民のあしあと

市東刑部左衛門(義民市東刑部左衛門之墓)



慶長10年(1605)の飢饉の際、東金の名主だった市東刑部左衛門は、幕府の役人に年貢の軽減を求めますが、横暴な対応をされたため、役人を斬り殺し、米倉を勝手に開けて困窮する農民に米を分け与えたといいます。
その後、市東刑部左衛門は責任を負って切腹したため、村人たちは遺体を運んで山辺郡丘山村に塚をつくって埋葬し、義民と讃えたといいます。
これを「市東塚」といい、現在は木戸公園内に石碑が建てられています。


目次
  1. 義民市東刑部左衛門之墓の概要
  2. 義民市東刑部左衛門之墓へのアクセス
  3. 義民伝承の内容と背景
  4. 参考文献



義民市東刑部左衛門之墓へのアクセス

注意
文中に特定の場所の緯度・経度が記載されている場合は、検索ボックス内に値(例えば「35.689634, 139.692101」)をコピーして検索ボタンをクリックすれば、該当する場所の地図(Googleマップ)が表示されます。

名称

義民市東刑部左衛門之墓 [参考リンク]

場所

東金市日吉台6丁目24番地
(この地図の緯度・経度:35.571443, 140.351406)

備考

東金市日吉台の新興住宅地の高台にある木戸公園内の一隅に整備されています。


義民伝承の内容と背景

慶長10年(1605)の干魃による飢饉の際、東金の名主だった市東刑部左衛門胤晁(しとうぎょうぶざえもんたねあさ)は、検田使としてやってきた幕府の役人に年貢の軽減と救米を求めます。

彼はもとは東金城の城主だった酒井政辰(まさとき)に仕えていた武士で、主家の後北条家とともに酒井家が滅亡したため、上総東金の名主となっていましたが、役人は訴えを無視して逆に年貢を2割増しにするなど横暴な対応をしたため、役人を斬り殺し、米倉を勝手に開けて困窮する農民に米を分け与えたといいます。

その後、市東刑部左衛門は責任を負って菩提寺であった西福寺(最福寺)に駆け込み切腹して果てたため、村人たちは遺体を運び出して、山辺郡丘山村に塚をつくって埋葬し、義民として讃えました。

これを「市東塚」「刑部塚」あるいは「義人塚」といい、現在は日吉台の新興住宅地のなかに整備された木戸公園内に石碑が建てられています。

なお、『東金市史』ではいくつかの史料を掲げ、市東刑部左衛門がかならずしも農民の立場から抗議の上で自刃したのではなく、酒席での口論、家康暗殺、鶴の捕獲などの他の理由で自刃または死罪になったという異説も紹介しています。



参考文献・参考資料


リンク先のAmazonのページ下部に書誌情報(ISBNコード・著者・発行年・出版社など)が記載されています。リンクなしは稀覯本や私家本ですが、国立国会図書館で借りられる場合があります。



一生に一度は行きたい 京都の寺社100選
谷川 彰英 (監修)
Amazon アソシエイト

↑ ページの最初に戻る