義民のあしあと

忍足左内




義民伝承地の概要

江戸時代の明和の頃、干魃が続いた安房勝山藩領(今の南房総市)では、名主らが勝山陣屋に年貢減免を嘆願しますが、御国奉行・稲葉重佐衛門と代官・藤田嘉内はこれに応じず、暗に賄賂を要求したといいます。

そこで明和7年(1770)、村民らが領主の酒井大和守の江戸屋敷で門訴を行おうと江戸に向けて出発しますが、途中で追い付いた金尾谷村名主・忍足左内は軽挙妄動を諌めて、あくまで自分が代表として江戸に向かい、農民の窮状と役人の不正を訴えます(勝山藩西領騒動)。

しかし、この一件は稲葉重佐衛門らに伝わり、稲葉は帰村した忍足左内を捕らえて勝山陣屋の石牢に入れ、藩主の命と偽って財産没収の上に白塚川原で処刑してしまいます。

その後も妻そよが老中・松平周防守に直訴するものの聞き届けられず、さらに安永2年(1773)、80歳になる盲目の母みつが孫娘とともに老中・松平右京大夫に訴えて、ようやく幕府から酒井候に対して藩政改革が命じられ、稲葉・藤田両名が追放されるとともに、忍足家も復興されました。

忍足左内が処刑された川原には石地蔵が祀られ、明治時代には「義民忍足佐内殉難の碑」も建てられました。

忍足佐内殉難の地の地図

地図が表示されるまでお待ちください。
Webサービス by Yahoo! JAPAN
名称 忍足佐内殉難の地
所在地 千葉県南房総市富浦町福澤字白塚39-1
備考 「忍足佐内殉難の地」ですが、国道127号の福澤交差点(角にローソンとセブンイレブンがある)から県道185号線に入り200メートル少々先に行った、福沢川に架かる白塚橋のたもとに、明治時代の「忍足佐内之碑」と南房総市教育委員会の案内板が建てられています。さらにこの石碑がある小路を進むと、川原に小さな覆堂のなかに納められた地蔵(坐像)(通称「砂かみ地蔵」)があり、この場所が実際に忍足佐内が処刑された場所といわれています。
参考リンク [クリックして遷移]

  • 「備考」欄に特定の場所の緯度・経度が記載されている場合には、検索ボックスにその値をコピーして入力(例えば「35.689634, 139.692101」と入力)すれば、該当する場所の地図が表示されます。
  • 地元の伝承が歴史的事実とは異なるとみられる場合もあえてそのまま記載することがあります。

義民伝承の内容・歴史的経緯

江戸時代の明和の頃、3年続きで干魃が続いた安房勝山藩領(今の南房総市)では、名主らが勝山陣屋に年貢減免を嘆願しますが、御国奉行・稲葉重佐衛門と代官・藤田嘉内はこれに応じず、もともと江戸の無頼の徒から領主の酒井大和守忠隣(ただちか)に取り立てられたという稲葉重左衛門は、領内を巡検して暗に賄賂を要求したといいます。

このとき深沢村では賄賂を出して年貢減免が認められたものの、賄賂を断った小原村・白板村・金尾谷村は稲原らに憎まれて年貢減免が認められず、ついに明和7年(1770)、たまりかねた3村の百姓総代18人が、領主の酒井大和守の江戸屋敷で門訴を行おうと江戸に向けて出発します。

このとき途中で追い付いた金尾谷村名主・忍足佐内(左内とも。通称は善兵衛)、白坂村組頭・五左衛門、小原村名主・平兵衛の3名は、彼らの軽挙妄動を諌めて、あくまで村役人である自分たちが百姓らから取り次いだ上で江戸に向かい、年貢減免を求める訴状を江戸屋敷詰めの役人に提出しますが、忍足左内は単独で稲葉重左衛門・藤田嘉内の罷免までも求める訴状を提出しています(勝山藩西領騒動)。

しかしながら、領主の酒井大和守は大坂城番で不在だったことから、この一件は容易に稲葉重佐衛門らの知る所となり、翌年の明和8年(1771)から門訴についての厳しい取調べがはじまります。

稲葉重左衛門は帰村していた忍足佐内を捕らえて大黒山にあった勝山陣屋の石牢に入れ、明和8年(1771)11月29日、藩主の命と偽って、闕所(財産没収)・四方引き回しの上、常光寺の助命嘆願を無視して家族にも知らせぬままに白塚川原(今の千葉県南房総市富浦町福澤)で打首にしてしまいます。

その後も妻そよが夫の無実を晴らすために江戸に出て、老中・松平周防守に駕籠訴を行うものの聞き届けられず、かえって稲葉によって毒殺されたといい、さらに安永2年(1773)には、80歳になる盲目の母みつが孫娘とともに老中・松平右京大夫への駕籠訴に及び、ようやく幕府から酒井候に対して藩政改革が命じられ、稲葉・藤田両名が追放されるとともに、忍足家も復興されました。

忍足佐内が44歳で処刑された川原には石地蔵が祀られるとともに、明治時代には「義民忍足佐内殉難の碑」が建てられ、南房総市指定史跡となっています。

参考文献・参考資料


リンクがなく書誌情報(リンク先のページ下部にISBNコード、発行年、出版社などが明示されています)がわからない参考資料は、一般書店で取り扱わない稀覯本や内部配布物などですが、国立国会図書館で貸出対応をしている可能性があります。

 

武士に「もの言う」百姓たち―裁判でよむ江戸時代 Amazon アソシエイト

国立国会図書館


リンク


土佐警察署
土佐警察署での運転免許更新手続き・警察署の位置及び連絡先ほか
【車椅子の旅】夷隅神社
夷隅神社
夷隅神社は、千葉県夷隅郡大多喜町にある神社で、古くは「牛頭天王宮」と呼ばれました。創建時期は不明ですが、天……


↑ ページの最初に戻る