義民のあしあと

増田五郎右衛門(増田五郎右衛門の墓)

増田五郎右衛門の処刑された源昌寺原に祀られた地蔵尊


文化13年(1816)、駿河国志太郡細島村(今の静岡県島田市)を大風が襲い、農民たちが藤枝宿に集まり不穏な状況の中、名主の増田五郎右衛門が田中藩への直訴に及びます。田中藩では年貢減免を認める一方、多数の農民を捕縛して首謀者探しを始めたため、五郎右衛門が自ら首謀者と名乗り出て、文政元年(1818)に処刑されます。刑場には五郎右衛門の菩提を弔うため「首斬り地蔵」が祀られ、後の時代には墓や頌徳碑も建てられました。


義民伝承の内容と背景

文化13年(1816)、駿河国志太郡細島村(今の静岡県島田市)を大風が襲い、農民たちの生活が苦しくなったことから、名主の増田五郎右衛門は他村とも連携して田中藩に年貢減免を嘆願しますが、聞き届けられることはありませんでした。

そこで、文化13年11月23日を期して五郎右衛門自ら田中藩への直訴に及ぶことに決め、領内に呼びかけたところ、田中城近くの長楽寺村天神山に田中藩領83か村の4、5千人ともいわれる農民たちが集まり、郷宿などの打ちこわしをはじめ不穏な状況となりました。

増田五郎右衛門は農民たちを説得して暴動を起こさないように戒め、自身は藩主・本多正意への直訴に及ぶと、田中藩からは追って3割の年貢減免を認める通達が出されました。

しかしながら、その後田中藩では一揆徒党の首謀者を厳しく詮索し、数十人の農民を捕縛したことから、五郎右衛門は他の2名とともに自分が首謀者だと名乗り出て投獄され、ついに文政元年(1818)6月28日、源昌寺原において42歳の若さで打首となってしまいます。

源昌寺原の刑場には増田五郎右衛門の菩提を弔うため「首斬り地蔵」が祀られ、また細島村では命日を「首斬り正月」と呼んで農作業を休み、遺骸を葬った全仲寺に墓参する風習が生まれたといいます。

明治時代になると自由民権運動とともに義民顕彰の機運も高まり、まず藤枝の長楽寺地区に「増田五郎右衛門碑」が建立され、次いで大正時代には全仲寺や東町八幡神社境内にも頌徳碑が建立されるようになりました。

さらに昭和59年には全仲寺の「増田五郎右衛門の墓」が再建され、平成30年には没後200年祭が行われるなどしています。



増田五郎右衛門の墓へのアクセス

[大きな地図で見る]

文中に緯度・経度の記載がある場合は、値(例えば「35.689634, 139.692101」)をコピーして検索すれば、その場所の地図(Googleマップ)が表示されます。

名称

増田五郎右衛門の墓 [参考リンク]

場所

静岡県島田市東町地内
(この地図の緯度・経度:34.8381, 138.2230)

備考

「増田五郎右衛門の墓」は、東海道本線の南300メートルにある全仲寺の境内墓地内に建っています。周囲は田園地帯であまり目印になるものはありませんが、全仲寺まで行き着くことができれば、墓地の西端に「増田五郎右衛門の墓」の位置や解説が書かれた案内板が出ています。


「増田五郎右衛門頌徳碑」(34.83675, 138.22095)は、墓の目の前の道路を西に250メートルほど進んだ八幡神社の境内、本殿右手にあり、解説を記した案内板も建てられています。


「首斬り地蔵」(34.87363, 138.26528)は、藤枝市大手1丁目14-10所在の源昌寺の西側境界に隣接した場所にあります。周囲は住宅街となっていて、地蔵堂の中に由来を記した案内板が納められています。




参考文献

リンク先のAmazonのページ下部に書誌情報(ISBN・著者・発行年・出版社など)があります。リンクなしは稀覯本や私家本ですが、国立国会図書館で借りられる場合があります。

中部地方 増田五郎右衛門