義民のあしあと

前谷村定次郎(前谷村定次郎顕彰碑)

郡上一揆で多数の百姓が集まり強訴した「郡上藩御蔵会所跡」


宝暦4年(1754)、財政難の郡上藩が年貢の徴収方法を定免法から検見法へ変更しようとしたことをきっかけに「郡上一揆」(「宝暦騒動」)が勃発します。この年、南宮神社で傘連判状を交わした多数の百姓が八幡城下で強訴するものの、藩がいったん百姓の訴えを認めたために沈静化します。ところが、藩では幕府代官を通じて庄屋らに外圧をかけて検見法を押し通そうとしたことから一揆が再燃し、前谷村定次郎らによる幕府老中への駕籠訴、市島村孫兵衛らによる目安箱への箱訴、幕府評定所での吟味を経て、最終的には藩主・金森頼錦の改易、幕府老中・本多正珍の免職、前谷村定次郎ら4名の獄門といった大事態に発展しました。後にこれらの義民たちの墓や顕彰碑が各地に建てられています。


義民伝承の内容と背景

財政難の郡上藩では、宝暦4年(1754)に年貢の徴収方法を定免法から検見法へ変更しようとしたことから、南宮神社で傘連判状を交わした2千人以上の百姓が同年8月10日に八幡城下に集結し、藩の御蔵会所に強訴します。
このとき藩では百姓の訴えを認め、金森左近、渡辺外記、粥川仁兵衛の三家老による免状を交付したため、いったん一揆は沈静化しました。

ところが、郡上藩はこれであきらめたわけではなく、藩主の縁戚関係を利用した根回しによって、幕府の権威を借りて検見法を強行する方策を思いつきます。
翌年の宝暦5年(1755)には、領内の庄屋らを美濃国羽栗郡笠松村(今の岐阜県羽島郡笠松町)にあった笠松陣屋に呼び出し、幕府美濃郡代・青木次郎九郎安清を通じて庄屋らに検見法への承諾を迫ったため一揆が再燃します。

同年8月12日、百姓有志が山深い那留ヶ野(今の郡上市白鳥町)の地で密談し、傘連判状に署名の上、請願書を携えて江戸藩邸に向かいましたが、密告により目的を果たせぬまま捕らえられてしまいます。

この後は藩による取締が厳しくなり、百姓間でも要求貫徹を目指す「立者」と藩に寝返る「寝者」の対立が生まれたことから、事態の打開を図るため、前谷村定次郎、切立村喜四郎、那比村藤吉、東気良村善右衛門及び長助(いずれも今の岐阜県郡上市)の5名が江戸に赴き、11月26日に登城途中の幕府老中・酒井忠寄の駕籠に駆け寄り直訴をする、いわゆる「駕籠訴」を決行しました。
なお、このとき駕籠訴そのものは成功したものの、駕籠訴人たちは村の庄屋預かりとして屋敷に幽閉されるだけで終わり、問題はうやむやにされてそれ以上進展することはありませんでした。

宝暦7年(1757)11月には、「立者」と「寝者」の対立がいよいよ激しくなる中、一揆の中心人物と見られていた気良村甚助が藩によって捕えられ、正式な裁判を経ないで処刑される事件が起きます。

宝暦8年(1758)2月には、一揆の資金集めをしていた帳元の歩岐島村四郎左衛門の屋敷に藩の足軽や寝者が乱入して帳面を奪ったことから、百姓3千人と足軽ら50人余りが乱闘する騒ぎとなる「歩岐島騒動」も発生しました。

同年4月、市島村孫兵衛、二日町村伝兵衛、歩岐島村治右衛門、剣村藤次郎、東俣村太郎右衛門、向鷲見村弥十郎の6名は、江戸で目安箱に訴状を投じる「箱訴」を決行し、訴状は幕府評定所に取り上げられます。
また、歩岐島騒動の混乱に乗じて庄屋のもとから脱出した前谷村定次郎と切立村喜四郎の両名も、密かに江戸に赴いて箱訴に協力した後、北町奉行の依田和泉守正次のもとに自首しています。

この「宝暦騒動」と同時期に、郡上藩の役人と結託して専横を尽くした越前国大野郡石徹白上村(今の岐阜県郡上市白鳥町)の白山中居神社の神主・石徹白豊前が村人から訴えられる「石徹白騒動」が起きたこともあり、両騒動の責任を問われた郡上藩主・金森頼錦は改易され、関連して幕府老中・本多正珍も免職となりました。

いっぽうで百姓側でも宝暦8年12月26日、前谷村定次郎、歩岐島村四郎左衛門、寒水村由蔵が江戸において打首となり、その首級は塩漬けにされて翌年正月に穀見刑場に曝されました。
なお、切立村喜四郎についても幕府評定所から獄門の判決が下っていますが、すでに11月の段階で牢死しています。
これら4名の獄門に加えて、那比村藤吉、二日町村伝兵衛、市島村孫兵衛をはじめとする死罪10名、ほかに数十名の遠島・追放や多数の牢死といった大きな犠牲を払いながら、郡上一揆はその幕を閉じました。

現在も郡上市の夏の風物となっている「郡上おどり」は、金森氏改易後の郡上藩を支配した青山氏が藩内融和のために奨励したのが起源といわれています。
また、この一揆を戦った義民たちの墓や顕彰碑は、八幡城ほか市内各所に建立されており、平成12年(2000)には神山征二郎監督、緒方直人主演(前谷村定次郎役)の『郡上一揆』として映画化もされています。


前谷村定次郎顕彰碑へのアクセス

[大きな地図で見る]

文中に緯度・経度の記載がある場合は、値(例えば「35.689634, 139.692101」)をコピーして検索すれば、その場所の地図(Googleマップ)が表示されます。

名称

前谷村定次郎顕彰碑 [参考リンク]

場所

岐阜県郡上市白鳥町前谷地内
(この地図の緯度・経度:35.9416, 136.8342)

備考

「前谷村定次郎顕彰碑」は、郡上一揆の頭取の一人である前谷村定次郎を顕彰するため、出身地の前谷白山神社境内に郡上宝暦義民顕彰会が建立したもので、本殿右手にあります。さらに石碑脇の案内図には父・助左衛門と子・定次郎の墓が神社北側の山中にある旨が掲載されていますが、公道に面しておらず私有地の中を通行する必要があるので注意してください。


「宝暦義民喜四郎出生之地碑」(35.9311, 136.8738)は、喜四郎の生家跡にあたる切立集落の民家の敷地内に建立されたものですが、岐阜県道316号鮎立恩地線からも見ることができます。東海北陸自動車道の高鷲インターチェンジを降りて、切立方面(右折)に車で3分ほどの場所です。


「那比村藤吉墓」と「義民碑」(35.7063,136.8869)は、郡上市街から南に向かう国道256号が国道156号と分岐する相生交差点から、国道256号に沿って西に7キロほど行った先にあります。国道沿いの崖地に「釈知禁」の法名が大書されたものが墓になります。この墓石はもとは山の上に建てられていたものの、金森氏改易を逆恨みした浪人によって真っ二つに割られ那比川に投げ込まれたといわれ、明治時代に発見されて上下が元通りにつながり、現在地に再建されました。墓石の右脇は昭和6年(1931)建立の「宝暦義民碑」です。


「宝暦義民四郎左衛門之碑」(35.9340, 136.8254)は、郡上一揆の帳元(会計責任者)だった歩岐島村四郎左衛門の顕彰碑で、後裔にあたる井瀬家先祖代々之墓の右隣に建っています。歩岐島地区を縦断する国道158号よりも奥まった場所にあるのでわかりにくいですが、ちょうど郡上市白鳥町干田野1200番地の民宿「風生里」の裏手にあたります。


「二日町村伝兵衛墓」(35.9109, 136.8428)は、郡上市白鳥町二日町地内の国道158号沿いにあり、郡上一揆の会が製作した「郡上一揆の義民(宝暦義民) 二日町村伝兵衛の墓・生家跡」の看板が出ているのですぐにわかります。田圃の中の小さな墓石がそれで、二日町八幡神社の国道挟んで向かい側です。


「市島村孫兵衛の墓誌」(35.7926, 137.0166)は、国道472号と並走する県道320号有穂中坪線から東に入った場所にあります。郡上八幡リバー・ウッドオートキャンプ場(岐阜県郡上市八幡町市島2426番地)近くの県道の交差点に「郡上一揆・箱訴人 市島村孫兵衛の墓 徒歩3分」と書かれた看板がありますので、この看板に従います。途中もう1箇所の看板がある交差点を曲がって道なりに進んだ突き当たりです。いくつかの墓石うち、市島村孫兵衛のものは中央に位置し、「宝暦八天 十二月廿六日」の命日と「釈 信士」の法名が刻まれています。墓石の脇に林自治会義民奉讃会が製作した解説板が建てられています。


「市島村孫兵衛の供養塔・地蔵尊と屋敷跡」(35.7948, 137.0153)も、県道320号線に「市島村孫兵衛の供養塔・地蔵尊と屋敷跡 徒歩2分」の看板が出ていますので、これに従い県道から1本入った道路沿いにあります。「南無阿弥陀仏」と書かれた供養塔(左側)と石地蔵があり、郡上一揆の会が建てた案内板があります。


「寒水村由蔵墓」(35.8573, 136.9916)は、国道472号の「郡上一揆の義民 寒水村由蔵の顕彰碑」と書かれた看板のある交差点から県道82号白鳥明宝線に入り、そのまま4.4キロほど西に進んだ先にあります。ちょうど寒水白山神社から寒水川を挟んだ対岸にある崖の中腹に位置していて、容易には近付けませんが、現地には経緯や讃歌を記した石碑とともに、「法名 釈応慶」と書かれた古い墓石があります。なお、既に墓じまいをして別の場所にある新墓で供養されているため、厳密には墓地の跡ですが、古い墓石を掘り起こしてもとの場所に再建したものです。


「南宮神社」(35.7812,136.9567)は、郡上市八幡町初音2506番地、中世には鎌倉街道だった県道319号寒水八幡線沿いに鎮座しています。郡中120余か村の庄屋らが一味神水して傘連判状をしたためた場所です。境内の一角には「映画『郡上一揆』最初のロケ地」の碑もあります。


「郡上藩御蔵会所跡」(35.7515,136.9587)は、郡上市八幡町柳町370番地の鞍馬山郡上別院善光寺がある付近です。ここは藩が年貢米の保管・管理をしていた御蔵会所のあった場所であり、建物の外壁に郡上一揆の会が製作した解説板が掲げられています。


「郡上義民顕彰碑」(35.7537 136.9591)は、模擬天守が建つ八幡城の直下の郡上八幡ホテル積翠園(郡上市八幡町柳町一の平511-2)敷地内にあります。一揆の傘連判状をあしらった図柄の石碑です。


「穀見野刑場跡」(35.7327,136.9535)は、郡上藩の常設の処刑場であり、前谷村定次郎、歩岐島村四郎左衛門、寒水村由蔵が晒し首となった場所でもあります。ガソリンスタンドのセルフ郡上八幡(郡上市八幡町稲成字上ノ野1158)脇から川岸に出られる道路があります。「南無阿弥陀仏」などと書かれた江戸時代以降に建てられた供養塔が川岸にまとまって移築されています。




参考文献

リンク先のAmazonのページ下部に書誌情報(ISBN・著者・発行年・出版社など)があります。リンクなしは稀覯本や私家本ですが、国立国会図書館で借りられる場合があります。

中部地方 前谷村定次郎 郡上一揆