義民のあしあと

小山弥兵衛・心諒尼(朝来市心諒尼公園)

心諒尼が生野一揆の小山弥兵衛に託され壱岐から持ち帰った「法宝寺のクスノキ」


江戸中期の元文3年(1738)、凶作が続く但馬国(今の兵庫県)生野代官所支配の村々では、年貢引下げや夫食拝借を求めて3千人が一揆(「生野一揆」)を起こします。代官所は百姓の要求を認めるものの、その後に死罪6名を含む処罰を行い、朝来郡東河庄野村(今の兵庫県朝来市)年寄役の小山弥兵衛も壱岐島(今の長崎県壱岐市)に遠島となります。弥兵衛の孫・やえは祖父への思慕やみがたく、出家して全鏡を名乗り、寛政2年(1790)、ついに壱岐へ渡って年老いた弥兵衛との対面を果たしました。全鏡は弥兵衛亡き後、その遺骨を携えて壱岐から帰還し、心諒尼を名乗り地元の水月庵(今の水月院)を再興しています。現在も壱岐市内に流人には異例の院号の戒名をもつ小山弥兵衛の墓石が残るほか、朝来市内には弥兵衛及び心諒尼の墓、全鏡が生前に弥兵衛から託されたというクスノキの木などがあります。


義民伝承の内容と背景

江戸中期の元文3年(1738)12月6日、但馬国(今の兵庫県)の生野銀山では、「下財」と呼ばれていた鉱夫たちが銅価格の下落などに反発して一揆を起こし、代官所から銀100貫匁と160石の救恤米の支給を約束させて解散します。

この一件に触発されて、折からの凶作が続く生野代官所支配の村々でも、12月29日に年貢引き下げや夫食拝借を求めて3千人の百姓が一揆(「生野一揆」)を起こし、打毀しや代官所の包囲を行います。

代官・小林孫四郎政房は、年貢減免や飢夫食の支給を約束して代官所に強訴した百姓らを解散させるものの、翌年正月早々に近隣の姫路藩や出石藩から応援の藩兵が到着すると、その態度を一変させて一揆の責任者を捕縛し、京都町奉行所へと護送します。

吟味の結果、死罪6名(うち5名は京都西土手刑場で処刑後に但馬国竹田町の下河原に首級を運んで獄門、野村庄屋・足立善兵衛1名のみが切捨)、遠島8名、追放9名のあわせて23名の処罰が決まり、朝来郡東河庄野村(今の兵庫県朝来市)年寄役の小山弥兵衛も、村々に一揆を呼び掛ける廻状をしたためたとして壱岐島(今の長崎県壱岐市)に遠島となります。

弥兵衛は海岸近くの高台にあった見性寺、後にはやや内陸に入った暦応寺に預けられましたが、寺で子供らに文字を教えたり、荒れ地の開墾や植林、わらじづくりを行うなどして島民から大いに慕われました。

一方で弥兵衛の子・次郎右衛門の三女にあたるやえは、祖父への思慕やみがたく、桐葉庵(今の朝来市山東町矢名瀬町174 桐葉寺)にいた清月尼のもとで出家して全鏡という法名をもらい、21歳のときに男装をして壱岐まで托鉢の旅に出ます。

その過程で安国寺(福岡県福岡市中央区天神3丁目14-4)の助力を得て暦応寺を紹介してもらい、ついに寛政2年(1790)、壱岐へ渡って年老いた弥兵衛との対面を果たしました。

弥兵衛は自分が元気でいることを故郷に知らせるため、孫娘の全鏡にクスノキの苗木を3本託したといい、全鏡は一旦故郷に戻ってそのことを報告すると博多の安国寺に立ち帰り、以後はここに滞在して壱岐の暦応寺までの往復生活を月に1度の割合で続けました。

このときのクスノキは、弥兵衛のいた小山家と、弥兵衛の母の実家である夜久家、弥兵衛の妻の実家である浜家にそれぞれ植えられましたが、うち浜家の1本のみが現存し、「法宝寺のクスノキ」(法宝寺は戦前に大雪で倒壊したため浜家屋敷跡に再建された)として朝来市の天然記念物に指定されています。

小山弥兵衛は寛政4年(1792)に85歳で亡くなりますが、全鏡はその遺骨を携えて壱岐から帰還すると、地元にあった水月庵(今の「水月院」)を再興し、心諒尼を名乗ってここに止住します。

心諒尼も天保14年(1843)に79歳で亡くなりますが、現在では弥兵衛と心諒尼の墓を含む一帯は農村公園の「朝来市心諒尼公園」として整備されるとともに、江戸時代に書かれた心諒尼の伝記『孝尼心諒伝記』などの古文書が市有形文化財に指定されています。

また、壱岐の暦応寺(廃寺)跡にも流人には異例の「吉祥院玄鏡了義居士」という院号をもつ戒名を記した小山弥兵衛の墓石が残っており、こちらは壱岐市指定文化財(記念物)となっています。


朝来市心諒尼公園へのアクセス

[大きな地図で見る]

文中に緯度・経度の記載がある場合は、値(例えば「35.689634, 139.692101」)をコピーして検索すれば、その場所の地図(Googleマップ)が表示されます。

名称

朝来市心諒尼公園 [参考リンク]

場所

兵庫県朝来市和田山町野村384番地
(この地図の緯度・経度:35.3538, 134.8796)

備考

「朝来市心諒尼公園」は、北近畿豊岡自動車道の和田山インターチェンジから北に5キロほど離れた山中にあります。兵庫県道273号金浦和田山線沿いに、かなり小さいですが「心諒尼公園」と書かれた看板、または「水月院」と書かれた看板が出ています。これらを頼りにどこまでも山に向かって坂道を登ると「心諒尼農村公園」の標柱が見え、手前に駐車場があります。さらにこの公園の入口から続く坂道の先に「心諒尼遺跡」として小山弥兵衛と心諒尼の墓が建っています。道がわかりにくく、しかも急勾配ですので注意を要します。


「水月院」(朝来市和田山町野村162)(35.3526, 134.8768)は、「朝来市心諒尼公園」の入口から南西方向に200メートルほど坂道を下った場所にあります。県道273号金浦和田山線沿い、アダチ観光農園の角に「水月院」の看板が出ています。


「法宝寺のクスノキ」(35.3549, 134.8721)は、現在の法宝寺(朝来市和田山町岡田194-1)境内の最奥部、地蔵堂の脇にあり、傍らに経緯を示した解説板が建てられています。「朝来市心諒尼公園」からは直線距離で700メートルほど西側です。


長崎県壱岐市芦辺町箱崎本村触の「小山弥兵衛の墓」(33.8304,129.7365)は、かつての暦応寺跡にあたります。長崎県道23号勝本石田線や周辺の市道に「男女岳ダム公園」の看板が出ていますので、これに従い男岳・女岳方面に向かうと、途中に「小山弥兵衛の墓」の看板が見つかります。墓石正面の戒名のほか、側面に「丹刕(州)俗名小山弥兵衛」と明確に彫られていますのですぐにわかります。現地にはその他にも解説板や顕彰碑などがあり、大々的に整備されています。


「見性寺」(33.8147,129.7526)は、壱岐四国八十八ヶ所霊場第十一番札所の長徳寺(壱岐市芦辺町箱崎中山触302)の南東200メートルの場所にあり、長徳寺に併合され廃寺となっていましたが、現在は義人・小山弥兵衛を祀る小堂が建っています。




参考文献

リンク先のAmazonのページ下部に書誌情報(ISBN・著者・発行年・出版社など)があります。リンクなしは稀覯本や私家本ですが、国立国会図書館で借りられる場合があります。

近畿地方 小山弥兵衛 心諒尼 生野一揆