義民のあしあと

眼目屋与左衛門(伝蔵地蔵)

飢饉の際に人々を救おうと給人蔵の米を無断で処分して生き埋めの刑になった眼目屋与左衛門を祀る「伝蔵地蔵」


江戸時代の飢饉の折、越中国新川郡東水橋村(今の富山県富山市)の米商人・眼目屋さっかや与左衛門は、人々の苦衷を見るに忍びず、加賀藩の扶持米を保管していた給人蔵を無断で開放したために生き埋めの刑に処せられます。これを知った人々は与左衛門に感謝して地蔵を建てて供養しますが、その地蔵が狐塚屋伝蔵の屋敷前にあったことから「伝蔵地蔵」と呼ばれるようになりました。


義民伝承の内容と背景

江戸時代の頃、常願寺川と白岩川は途中で合流して水橋川となっており、富山湾に注ぐ河口付近は廻船業で栄えていました。

このように水橋川周辺は水運の利便性がよいことから、加賀藩士の扶持米を保管する給人蔵が置かれ、勝嶋屋市郎右衛門らの町人が蔵宿として厳重に管理していました。

あるとき飢饉が発生しますが、越中国新川郡東水橋村(今の富山県富山市)の米商人・眼目屋さっかや与左衛門は、人々を救おうとして給人蔵を無断で開放し、新川郡塚越村(今の中新川郡立山町)が納入した入江定蔵の知行米を処分してしまったため、生き埋めの刑に処せられたといいます。

これを知った人々は与左衛門に感謝して地蔵を建てて供養しますが、その地蔵がたまたま狐塚屋伝蔵の屋敷前にあったことから、後に「伝蔵地蔵」と呼ばれるようになりました。

あるいは幕末の飢饉の際に米商人の高田屋伝蔵が給人蔵を開放して処刑されたために「伝蔵地蔵」として祀られるようになったともいいますが、いずれにしても確たる証拠はなく、伝説として残るのみです。

もとは別の場所(北陸銀行水橋支店前)にあったというこの地蔵は、今では東西橋のたもとの六角堂の中に納まり、大切に供養されています。



伝蔵地蔵へのアクセス

[大きな地図で見る]

文中に緯度・経度の記載がある場合は、値(例えば「35.689634, 139.692101」)をコピーして検索すれば、その場所の地図(Googleマップ)が表示されます。

名称

伝蔵地蔵 [参考リンク]

場所

富山県富山市水橋大町地内
(この地図の緯度・経度:36.7533, 137.3045)

備考

「伝蔵地蔵」は、県道160号水橋停車場線に架かる東西橋のたもとにあり、六角形の建物のなかに大切に安置されています。この建物の壁面には「伝蔵地蔵のいわれ」が記載されています。




参考文献

リンク先のAmazonのページ下部に書誌情報(ISBN・著者・発行年・出版社など)があります。リンクなしは稀覯本や私家本ですが、国立国会図書館で借りられる場合があります。

中部地方 眼目屋与左衛門