義民のあしあと

石上清兵衛(清兵衛地蔵)


駿河国志太郡高柳村(今の静岡県藤枝市)の庄屋であった石上清兵衛は、数年来の不作を理由として田中藩に年貢減免を訴願します。代官に首と引き換えと脅された清兵衛は、それでも動じることなく、元禄5年(1692)3月4日に茶屋河原において処刑されてしまいます。村では清兵衛地蔵を祀って菩提を弔い、明治時代には養源院に義農清兵衛の木像も奉納されました。


義民伝承の内容と背景

江戸時代前期のこと、駿河国志太郡高柳村(今の静岡県藤枝市)の庄屋であった石上清兵衛は、ここ数年来の不作を理由として、組頭2人を伴い、高1石につき4升の年貢減免を田中藩に訴願します。

石上清兵衛の祖先は甲斐武田氏の家来であり、戦に敗れたために帰農し、ここ高柳村の庄屋を務めるようになったといいます。

代官から願いの趣旨はもっともながら首と引き換えにすると脅された組頭は逃げ帰ってしまいますが、もとより覚悟していた清兵衛はそれでも動じることなく、ついに茶屋河原の刑場に引き立てられて処刑されることになりました。

石上清兵衛の処刑は元禄5年(1692)3月4日のことで、当時25歳の若さであり、あわれに思った刑吏が何度も処刑をためらうのを見た村人たちが養源院の和尚を呼んで助命を嘆願しようとしたものの、時既に遅く、和尚が駆けつけたときには処刑が終わっていたといいます。

これらが史実であることを証明する古文書なとは残っておらず、もっぱら地域の伝承に依っていますが、後に村人たちが石上清兵衛の菩提を弔うために建立した「清兵衛地蔵」が茶屋河原地蔵堂内に安置されているほか、明治時代には養源院に義農清兵衛の木像が奉納され、今でも命日の3月4日には追善供養が行われています。


清兵衛地蔵へのアクセス

[大きな地図で見る]

文中に緯度・経度の記載がある場合は、値(例えば「35.689634, 139.692101」)をコピーして検索すれば、その場所の地図(Googleマップ)が表示されます。

名称

清兵衛地蔵 [参考リンク]

場所

静岡県藤枝市高柳1丁目地内
(この地図の緯度・経度:34.8509, 138.2694)

備考


「清兵衛地蔵」は、ローソン藤枝高柳一丁目店から西に数十メートルの茶屋河原地蔵堂に安置されています。この地蔵堂は平素は施錠されていますが、格子戸のすき間から日切地蔵尊・茶屋河原地蔵尊・香煎婆さん・清兵衛地蔵の4体の姿を拝むことができます。


「養源院」(34.8488,138.2636)は、「清兵衛地蔵」から600メートルほど西側の住宅街の中にあります。




参考文献

リンク先のAmazonのページ下部に書誌情報(ISBN・著者・発行年・出版社など)があります。リンクなしは稀覯本や私家本ですが、国立国会図書館で借りられる場合があります。

中部地方 石上清兵衛