義民のあしあと

中部地方


義民とは

義民とは、公の利益のために自分の利益を顧みず、その財物や尊い身命をなげうった人のことで、主に江戸時代の百姓一揆の指導者として、徒党を組んだり越訴を企てたとして領主から処罰されたものの、民衆からはかえって敬慕された人を指しています。
歌舞伎や講談、浪花節などにも採り上げられた佐倉宗吾のように、祠堂が建てられ、諡(おくりな)を付けられた場合もありますが、墓さえも禁止された場合には、稲荷や地蔵などに仮託することによって、その霊魂をなぐさめました。




メニュー


 

一揆と戦国大名 日本の歴史13 (講談社学術文庫) Amazon アソシエイト

国立国会図書館


リンク


加古川市福祉事務所
加古川市福祉事務所における生活保護の手続き
【車椅子の旅】夷隅神社
夷隅神社
夷隅神社は、千葉県夷隅郡大多喜町にある神社で、古くは「牛頭天王宮」と呼ばれました。創建時期は不明ですが、天……



↑ ページの最初に戻る