義民のあしあと

中国地方



このページでは、中国地方の義民を短い説明文とともにまとめています。詳細はそれぞれのリンクをクリックしてください。年次別で百姓一揆などの出来事が知りたい場合は、[百姓一揆義民年表]のページが別にあります。



人名索引

浮石義民 宝永7年(1710)、幕府巡見使に年貢減免を直訴して処刑された長門国豊浦郡浮石村(今の山口県豊浦郡豊田町)の給庄屋・藤井角左衛門ら5人を指す。同村は長府藩の筆頭家老・椙杜元世の給地で重税に苦しみ、幕府巡見使への直訴により年貢は平年通り、椙杜家減封などの成果を得たが、。


北野孫兵衛 江戸初期の周防国玖珂郡本郷村(今の山口県岩国市)の庄屋。長州藩による慶長検地と高い年貢率に反発し、慶長13年(1608)、山代郷10か村の庄屋で代官所に愁訴し、年貢率は引き下げられたが、翌年庄屋10名と百姓1名(「山代十一庄屋」)が引地峠で処刑された、「慶長山代一揆」の犠牲者の一人という。成君寺山に首塚が残る。


義民四人衆 享保3年(1718)、岡田藩領の備中国下道郡新庄村・本庄村の百姓惣代として藩主・岡田長救に直訴した、いわゆる新本義民騒動で処刑された4人を指す。岡田藩では入会山をお留山として藩に接収されたため農作業に困難を来たし、藩に嘆願して一部が開放されるものの、その後も無断伐採の嫌疑で庄屋が捕縛されて対立が深まり、江戸表への直訴に至った。


山中一揆義民 享保11年(1726)から翌年にかけて美作国津山藩領西部の山中地区で起きた山中一揆の犠牲者をいう。山中一揆は郡上一揆、三閉伊一揆と並ぶ「江戸三大一揆」の一つで、跡取りがないまま藩主が夭折した混乱期に大庄屋が郷蔵から年貢米を密かに運び出そうとして百姓に見咎められた一件に端を発し、4千人が蜂起して庄屋宅などを打ちこわした。津山藩は武力鎮圧の方針で臨み、正式の裁判によらず多数の百姓を処刑して峠に晒し見せしめとし、最終的には51名という大量の処刑者を出した。


宅和伊助 出雲国神門郡松寄下村(今の島根県出雲市)の庄屋。享保17年(1732)、蝗害による飢饉が発生したため、荒木村庄屋・源左衛門とともに松江藩庁に年貢減免を訴えるものの、検分前に地元の百姓が稲を刈り取ってしまったことから捕らえられ、斬首の上獄門となる。子孫によって屋敷跡に「宅和伊助翁神霊碑」が建てられた。


田坂市良右衛門 江戸末期の周防国玖珂郡の人。代々の大年寄格を務めていた田坂家の三男。賄賂を好み奢侈に耽った岩国藩玖珂代官に諫言して瀬戸内海の柱島に島流しとなる。村民が岩国藩家老の吉川采女に訴えたため釈放され、後に庄屋を補佐する刀祢に任命されて善政を敷いたという。


中祖村安左衛門 安芸国山県郡中祖村の人。享保3年(1718)の安芸・備後両国にわたる広島藩領一揆の頭取の一人として頭庄屋の打毀しなどを主導する。頭庄屋廃止や定免制撤廃などの要求が認められる一方、同年中に処刑され、中祖村で獄門に架けられた。


松田勘右衛門 江戸時代中期の因幡国八東郡東村(今の鳥取県八頭郡八頭町)の農民。元文4年(1739)に因幡・伯耆両国の百姓5万人が参加した全藩一揆「元文一揆」の指導者として翌年に処刑される。八東川の氾濫対策として私財を投じて「勘右衛門土手」を築いたことでも知られる。


日本のお寺・神社 絶壁建築めぐり
飯沼義弥 (著), 渋谷申博 (監修)
Amazon アソシエイト

↑ ページの最初に戻る