義民のあしあと

掲載写真一覧

義民とは、民衆のために尊い身命をなげうった人のことで、主に江戸時代の百姓一揆の指導者として、徒党を組んだり越訴を企てたとして領主から処罰されたものの、民衆からはかえって敬慕されたものを指しています。
歌舞伎や講談、浪花節などにも採り上げられた佐倉宗吾のように、祠堂が建てられ、諡(おくりな)を付けられた場合もありますが、墓さえも禁止された場合には、稲荷や地蔵などに仮託することによって、その霊魂をなぐさめました。




義民伝承地の写真

処刑された天狗廻状騒動の頭取を葬った福源寺境内の「義民斎藤彦内墓所」
[参照ページ]
代官の命令で一揆の顛末を記した部分が削られた「義民斎藤彦内百ヶ日供養の碑」
[参照ページ]
寛延の信達騒動の頭取3人が処刑された産ヶ沢に建つ「寛延義民顕彰碑」
[参照ページ]
南部領内に潜伏し1万人規模の一揆を指導した「三閉伊百姓一揆指導者切牛(佐々木)弥五兵衛の墓」
[参照ページ]
三閉伊一揆の指導者ゆかりの「切牛弥五兵衛生誕の地」
[参照ページ]
弘化三閉伊一揆の際に一揆勢が押し寄せた遠野の「鍋倉城址」
[参照ページ]
弘化三閉伊一揆で多数の百姓が集合した遠野の「早瀬川原」
[参照ページ]
弘化三閉伊一揆の際に遠野南部家の新田小十郎と百姓らの交渉の場になったといわれる「白幡神社」
[参照ページ]
嘉永三閉伊一揆の指導者の一人である三浦命助の生家前に建つ「三浦命助之碑」
[参照ページ]
仙台藩主に直訴した釘子村肝入・昆野八郎右衛門を祀る「昆野八郎右衛門神社」の社殿
[参照ページ]
顕彰碑や植栽に囲まれた長い石段の先の高台に鎮座する「昆野八郎右衛門神社」の遠景
[参照ページ]
仙台市泉区七北田にある昆野八郎右衛門が処刑された「仙台藩刑場跡」
[参照ページ]
弘前市立自得小学校の校庭に建つ「義民藤田民次郎出生之地碑」及び「義民民次郎顕彰之碑」
[参照ページ]
龍味庵墓地内にある民次郎一揆の処刑者を供養する「藤田民次郎墓」
[参照ページ]
弘前城への強訴にあたり頭取の藤田民次郎が祈願をしたという「鬼神社」
[参照ページ]
一揆の頭取として藤田民次郎が斬罪に処せられた「取上処刑場跡」
[参照ページ]
藤田民次郎が斬罪に処せられた取上処刑場から移設された「題目塔」
[参照ページ]
子吉川の治水を代官に訴え処刑された前郷村名主を供養する「畑中喜右衛門の碑」
[参照ページ]
坊沢村百姓5人が肝煎と対立して越訴の末に処刑された場所という「史跡五義民首切塚」
[参照ページ]
越訴に関与して追放となった村人が処刑者の供養のため享保年間に造立した「五義民地蔵」
[参照ページ]
冷害に当たり藩主に直訴して年貢減免を認めさせた佐藤甚助を祀る「甚助神社」
[参照ページ]
下笹子(しもじねご)村名主の佐藤仁左衛門を祀る「青田神社」と「仁左衛門首塚」(手前)
[参照ページ]
江戸時代に矢島生駒氏の政庁があった「八森城址」(八森陣屋)
[参照ページ]
多数の百姓らが処刑された裸森刑場跡に明治時代に建てられた「義烈良民之墓」
[参照ページ]
裸森刑場跡の「和光院お堂」脇に建つ和光院の供養塔「権大僧都三僧祇宥全墓碑」
[参照ページ]
刑死を示す縄目が刻まれた東泉寺にある白岩義民の供養碑「間沢村三霊供養碑」
[参照ページ]
白岩郷大庄屋が白岩一揆犠牲者の供養のため建立した誓願寺の「白岩義民の墓」
[参照ページ]
信達一揆の頭取として処刑された太郎右衛門を祀る「義民太郎右衛門霊堂」
[参照ページ]
信達一揆頭取の佐藤太郎右衛門が打首となった佐原荒田口に建つ「義民太郎右衛門終焉の地石碑」
[参照ページ]
飢饉の際に藩に無断で郷蔵を開放し切腹したという庄屋を弔う「遺跡義民佐七一族累代之墓」
[参照ページ]
南山義民顕彰のため丸山歴史公園に建てられた「南山義民之碑」と「南山義民地蔵尊」
[参照ページ]
丸山歴史公園内にある南山御蔵入騒動の頭取を供養する「小栗山喜四郎墓」
[参照ページ]
南山御蔵入騒動の頭取である小栗山村喜四郎の出身地に建てられた「喜四郎顕彰碑」
[参照ページ]
南山御蔵入騒動で処刑された頭取を供養する小栗山地区の「小栗山喜四郎墓」
[参照ページ]
門訴により投獄された金谷村の義民を供養する華蔵院境内の「諸岡太左衛門の墓」
[参照ページ]
海泉寺墓地に建てられた津藩の寛政大一揆の頭取らを顕彰する「寛政一揆顕彰碑」
[参照ページ]
津藩の寛政大一揆の頭取として処刑された町井友之丞の辞世が残る「海泉寺」
[参照ページ]
津藩の寛政大一揆の際に農民たちが密議をしたという山中の洞窟「談義穴」
[参照ページ]
善性寺にある津藩の寛政大一揆の処刑者を供養する「森宗左衛門供養碑」
[参照ページ]
石上清兵衛が処刑された茶屋河原にある「清兵衛地蔵」
[参照ページ]
義農・石上清兵衛の木像が安置される「養源院」
[参照ページ]
幕府に船銭引下げを直訴した義民を讃える玄忠寺の「伏見義民小林勘次碑」
[参照ページ]
青木村の文化義民を祀る「勇吉宮」
[参照ページ]
強訴の罪で処刑された池田三郎左衛門を賓頭盧長者として祀る「十王堂」
[参照ページ]
池田三郎左衛門の事績を記した神明神社の「池田三郎左衛門碑」
[参照ページ]
急使が池田三郎左衛門の処刑中止を叫んだ場所という「遠声橋」
[参照ページ]
丹波杜氏の功労者を顕彰する篠山城跡の「義民清兵衛之碑」
[参照ページ]
市原清兵衛の菩提寺の西方寺に建つ「義民市原清兵衛菩提之碑」
[参照ページ]
かつての今田組市原村に建つ「義民市原清兵衛生誕の地碑」
[参照ページ]
大正時代に酒造の神である松尾大社に建てられた「義民市原清兵君碑」
[参照ページ]
南山一揆の頭取・小木曽猪兵衛が勧請した大願寺の「宗吾大明神」
[参照ページ]
義民顕彰のため明治時代に建てられた大願寺境内の「南山之碑」
[参照ページ]
高野山の不正を直訴し石子詰で惨殺されたという庄屋を葬った「戸谷新右衛門の墓地」
[参照ページ]
昭和34年に墓地隣接地に建てられた「義人戸谷新右エ門之碑」
[参照ページ]
水争いで磔刑となった鳴尾村百姓らを供養する浄願寺の「北郷開樋殉難者之碑」
[参照ページ]
鳴尾の義民を讃える八ツ松公園内の「義民顕彰碑」
[参照ページ]
龍門騒動の舞台となった「平尾代官所跡」
[参照ページ]
龍門騒動で殺害された代官を葬る「浜島清兵衛の墓」
[参照ページ]
不作・不漁に際し領主に直訴した義民を讃える西湖院の「川合伊左衛門・川合久右衛門之碑」
[参照ページ]
切腹で救米を勝ち取った安永の義民「中川覚右衛門墓碑」
[参照ページ]
中川覚右衛門が切腹した郷倉の跡「義民中川覚右衛門自刃之地」
[参照ページ]
安永の義民を顕彰する大乗寺境内の「義民中川覚右衛門頌徳碑」
[参照ページ]
獄死した三保の藤五郎を祀る「藤五郎神社」
[参照ページ]
小前百姓らの領主であった太田健太郎が神官を務めた「御穂神社」
[参照ページ]
近代に入り長照寺境内に建てられた新潟明和騒動の「涌井藤四郎・須藤佐次兵衛墓」
[参照ページ]
明和義人の供養のため建てられたといわれる題目寺の「題目塔」
[参照ページ]
志筑藩安永の一揆の頭取として処刑された福田助六を祀る「助六の首塚」
[参照ページ]
福田助六の供養のため建てられたとされている閑居山の「助六地蔵」
[参照ページ]
一念寺にある「福田助六墓碑」。後ろの「百万遍供養塔」は助六を打首にした杉山代官が建てたと伝わる。
[参照ページ]
磔茂左衛門として知られる杉木茂左衛門を祀る月夜野の「千日堂」
[参照ページ]
利根川に架かる月夜野橋の袂にある「義人茂左衛門処刑址碑」
[参照ページ]
県道沿いにある「義人茂左衛門屋敷跡」。現在は民家となっている。
[参照ページ]
小袖坂にある杉木茂左衛門・覚端法印を祀る「茂左衛門地蔵尊奥之院」
[参照ページ]
武州世直し一揆で百姓らが密議を凝らした名栗の「正覚寺」。ただし、当時は門前を流れる入間川の対岸にあった。
[参照ページ]
正覚寺からほど近い山中にある「島田紋次郎の墓」(中央)。風化しているが表面に俗名が見える。
[参照ページ]
新発田市の諏訪神社境内に火伏せの神として大竹与茂七を祀る「五十志霊神社」
[参照ページ]
村民に尽くした与茂七騒動の大竹与茂七を顕彰する「義民大竹与茂七の碑」
[参照ページ]
大竹与茂七が獄門に架けられた場所に祀られる「与茂七地蔵」と「義民大竹与茂七墓」
[参照ページ]
無実の罪で大竹与茂七が処刑された場所とされる「名主与茂七鎮魂の地」
[参照ページ]
長岡藩への直訴で処刑された岡村権左衛門を称える「義民岡村権左衛門碑」
[参照ページ]
百姓談合の場となった長岡市岩田の山道沿いに建つ「から傘連判状碑」
[参照ページ]
年貢米不足の責任を問われた寺分村・五郎左衛門分村の肝煎が入牢に当たり植えたという「宝暦杉」と「宝暦義民の碑」
[参照ページ]
源五騒動の顛末を伝える古文書が残る神和住の「真念寺」と獄死した中斉村先肝煎甚左衛門を顕彰する「甚左衛門碑」
[参照ページ]
頸城騒動の仕置が行われた「今泉河原」。橋の袂の石祠に延命地蔵が祀られている。
[参照ページ]
頸城質地騒動の百姓らが集会を開き気勢を上げたという上越市清里区の「菅原神社」
[参照ページ]
飢饉の際に人々を救おうと給人蔵の米を無断で処分して生き埋めの刑になった眼目屋与左衛門を祀る「伝蔵地蔵」
[参照ページ]
生野代官に直訴した夏梅太郎右衛門の火刑場に建つ「夏梅太郎右衛門顕彰碑」
[参照ページ]
福知山藩が埋葬後の遺体を掘り出し首を刎ねたという享保の強訴の頭取・石場村又左衛門の旧宅跡に建つ「本多又左衛門供養碑」
[参照ページ]
享保の強訴から10年後に福知山藩に処刑された頭取の一人を顕彰する円浄寺境内の「義民横山佐次兵衛之碑」
[参照ページ]
幕府に越訴を企てた上月平左衛門が惨殺された場所に建つ「首切り地蔵(袈裟斬り地蔵)」
[参照ページ]
朝来市の心諒尼農村公園にある生野一揆ゆかりの「心諒尼遺跡」(墓地)
[参照ページ]
生野一揆で壱岐に遠島となった祖父を見舞った心諒尼が再興した「水月院」
[参照ページ]
心諒尼が生野一揆の小山弥兵衛に託され壱岐から持ち帰った「法宝寺のクスノキ」
[参照ページ]
庄屋ら5名が獄門に架けられた竹田河原に建つ「元文一揆犠牲者供養碑」
[参照ページ]
元文一揆で死罪獄門の犠牲者が出た旧野間村に建つ「元文一揆関係者供養碑」
[参照ページ]
若き日の心諒尼が修行をしたという朝来市の「桐葉寺」
[参照ページ]
郡上一揆の頭取の一人である定次郎を顕彰する前谷白山神社境内の「前谷村定次郎顕彰碑」
[参照ページ]
郡上一揆の頭取の一人である切立村喜四郎の生家にある「宝暦義民喜四郎出生之地碑」
[参照ページ]
金森浪人に両断され川に投げ込まれた跡が残る郡上一揆の駕籠訴人「那比村藤吉墓」と「義民碑」
[参照ページ]
郡上一揆で帳元を務めた歩岐島村四郎左衛門を顕彰する「宝暦義民四郎左衛門之碑」
[参照ページ]
郡上一揆で目安箱への箱訴を行った「二日町村伝兵衛墓」
[参照ページ]
郡上一揆の箱訴人として死罪になった「市島村孫兵衛墓」
[参照ページ]
郡上一揆の箱訴人として死罪になった「市島村孫兵衛の供養塔・地蔵尊と屋敷跡」
[参照ページ]
郡上一揆の頭取の一人として獄門に処せられた「寒水村由蔵墓」
[参照ページ]
郡上一揆の際に多数の百姓が集まり傘連判状を認めた「南宮神社」
[参照ページ]
郡上一揆で多数の百姓が集まり強訴した「郡上藩御蔵会所跡」
[参照ページ]
八幡城にある傘連判状をイメージした「郡上義民顕彰碑」
[参照ページ]
郡上一揆の頭取らが獄門に架けられた「穀見野刑場跡」
[参照ページ]
安房勝山藩で役人の不正を訴えた名主・忍足左内が処刑された白塚川原付近に建てられた「義民忍足佐内殉難の碑」
[参照ページ]
万石騒動の際に裁判によらず家老の独断で名主3名が処刑された場所に建つ「三義民刑場跡」の石碑
[参照ページ]
安房北条藩の万石騒動で処刑された3名の名主を供養する安房国分寺墓地内の「三義民の墓」
[参照ページ]
万石騒動の犠牲者の一人にあたる国分村名主の「飯田長次郎の墓」
[参照ページ]
万石騒動の際に百姓に加担して死罪となった代官を供養する金台寺境内の「地代官行貝弥五兵衛国定弥七郎恒興の墓」
[参照ページ]
旗本河野氏の非法を老中に越訴して死罪となった7名を供養する「大神宮義民七人様の供養碑」
[参照ページ]
大多喜藩邸への門訴で死罪となった最首杢右衛門を供養する坂水寺境内の「杢右衛門の碑」
[参照ページ]
最首家墓地から発掘された「最首杢右衛門者匹夫而為百世神」と刻んだ「最首杢右衛門の墓碑」
[参照ページ]
戦後の耕地整理で奇しくも最首杢右衛門の命日に髑髏が発見された地に建てられた「祀最首杢右エ門之首塚碑」
[参照ページ]
死罪となった最首杢右衛門の首級を持ち去り入水自殺したという僧侶啓賛が奉仕していた滝口神社
[参照ページ]
尾張藩主・徳川光友に越訴して捕らえられ牢死した中島助兵衛を顕彰する「義民助兵衛の碑」(右側)と山中から移設された墓碑(中央)
[参照ページ]
林宗寺境内に建つ飯野八兵衛騒動の犠牲者を供養する「飯野八兵衛・中垣善三郎墓碑」
[参照ページ]
雲龍寺の門前に建つ飯野八兵衛の犠牲者を供養する「小栗紋右衛門・山田右衛門供養塔」
[参照ページ]
明王寺敷地内に建つ飯野八兵衛騒動の犠牲者を供養する「永田清左衛門・永田半六供養塔」
[参照ページ]
大正時代に義民・飯野八兵衛を顕彰するため飯野秋葉神社境内に建てられた「飯野八兵衛碑」
[参照ページ]
天保年間の加茂一揆の際に多数の農民たちが集まったという「滝脇村石御堂」
[参照ページ]
加茂一揆の頭取として投獄され牢死した下河内村の辰蔵を供養する「松平辰蔵の墓」(右側)
[参照ページ]
拷問に耐えかね牢屋で自ら縊死した一揆頭取らが埋葬されたという「赤坂刑場」
[参照ページ]
全仲寺墓地内にある「増田五郎右衛門の墓」と石碑
[参照ページ]
大正時代に建立された東町八幡神社境内にある「増田五郎右衛門頌徳碑」
[参照ページ]
増田五郎右衛門の処刑された源昌寺原に祀られた地蔵尊
[参照ページ]
沼津藩への強訴の首謀者として投獄された後に病没した山田源次郎を讚える「山田源次郎頌徳碑」
[参照ページ]
米倉を開放して貧農に分け与え切腹したという市東刑部左衛門を葬る「市東塚」
[参照ページ]
東金の義民・市東刑部左衛門が切腹したと場所と伝えられる「最福寺」
[参照ページ]
飢饉の農民を救うため無断で米倉を開放した大多和四郎右衛門最期の地に建てられた「義人大多和四郎右衛門自刃之地」の碑
[参照ページ]
千葉県旭市の大原幽学遺跡史跡公園内に開館している「大原幽学記念館」
[参照ページ]
長部地区共同墓地内の「大原幽学墓所」。大正時代に大きな墓標が建てられた。
[参照ページ]
大原幽学遺跡内にある天保年間につくられた「大原幽学居宅」
[参照ページ]
幽学門人のための教導所として建設された「改心楼」跡地にある「大原聖殿」
[参照ページ]
大原幽学の指導で区画整理が行われ生産性が向上した「耕地地割」
[参照ページ]
五箇山農民が井波町の米穀商を打ちこわした「長崎村茂右衛門騒動」の磔刑場に建てられた「安政義人慰霊之碑」
[参照ページ]
戸塚正観音堂入口に建つ戸塚騒動義民を顕彰する徳富蘇峰撰文の「義民弔魂碑」
[参照ページ]
戸塚正観音堂境内にある戸塚騒動の頭取を務めた善兵衛・幸助・七左衛門の墓碑
[参照ページ]
現在は子育て地蔵尊が祀られているかつての「塙代官所跡」
[参照ページ]
戸塚騒動の際に農民に追い詰められた代官が切腹したと伝わる「安楽寺」
[参照ページ]
内藤家を転封に追い込んだ磐城平藩元文一揆の刑死者を供養する夏井川沿いの「首切り地蔵(河原子地蔵堂)」
[参照ページ]
磐城平藩元文一揆の義民を顕彰する五霊神社の「元文義民之碑」
[参照ページ]
水戸藩の寛永検地に反対し磔刑に処せられたという照山修理を供養する「照山修理の墓」
[参照ページ]
義民顕彰のため明治時代に日立市の長福寺境内に建てられた「照山修理碑」
[参照ページ]
笠間藩の山外郷一揆で処刑された磯部村清太夫ら3人の義民を供養する「義民地蔵」
[参照ページ]
山外郷一揆の頭取である磯部村清太夫が神主を務めていた「磯部神社」
[参照ページ]
貞享騒動で刑死した多田加助の木像を祀る「貞享義民社」と隣接の「義民会館」
[参照ページ]
貞享騒動で刑死した「多田加助の墓」。加助を祀る「貞享義民社」の裏手にある。
[参照ページ]
貞享騒動で刑死した「多田加助旧宅跡」。長野県史跡に指定されている。
[参照ページ]
貞享騒動の際に農民らが密議を凝らしたという「熊野神社」
[参照ページ]
貞享騒動に関連した資料の展示収集や調査研究などを目的に開設された「貞享義民記念館」
[参照ページ]
貞享騒動で筑摩郡の11人が処刑された出川刑場跡にある「貞享義民刑場之阯」の碑
[参照ページ]
貞享騒動の多田加助らが処刑された勢高刑場跡に営まれた「義民塚」
[参照ページ]
大原騒動の高山村善九郎らの処刑場跡にある「桐生町万人講」の供養塔
[参照ページ]
飛騨の本覚寺境内墓地にある大原騒動の「本郷村善九郎の墓」
[参照ページ]
不漁の際に行商を禁止した郡奉行に抗議し屋敷に乗り込んで切腹した栂野彦八を合祀する「四方神社」と境内の「栂野彦八顕彰碑」
[参照ページ]
重税に苦しむ農民のため隠田を開いて処刑された和田村肝煎の佐助を顕彰する「和田の佐助顕彰碑」と神明宮の摂社「佐助大明神」
[参照ページ]
不漁にあたり金沢城下で強訴し役人を批判したことから処刑された佐賀野屋久右衛門・四歩市屋四郎兵衛を供養する「漁民義人塚」
[参照ページ]
卯辰山に登り金沢城に「ひもじい」と叫び処刑された「安政の泣き一揆」の犠牲者7人を供養する「七稲地蔵」
[参照ページ]
蝗害による年貢減免を松江藩庁に訴えて処刑された庄屋伊助の屋敷跡に建つ「宅和伊助翁神霊碑」
[参照ページ]
江戸三大一揆の一つ「山中一揆」で処刑された20人を供養するため川上村田部堂脇に集められた「田部義民の墓」
[参照ページ]
山中一揆義民の一人・社田(こそだ)の治郎兵衛を供養する「刃」の戒名が付いた「社田義民の墓」
[参照ページ]
山中一揆で処刑された51名を密かに供養するため一石一字塔に擬えて建立された「大林寺妙典塚」
[参照ページ]
山中一揆の指導者・牧の徳右衛門が捕らえられた柿の木坂にある「山中一揆義民之碑」
[参照ページ]
嘉永年間に造立された山中一揆の指導者・池田徳右衛門を祀る「徳右衛門御前崎(みさき)」
[参照ページ]
山中一揆で磔刑に処せられた弥次郎を顕彰するため大正時代に建てられた「義民樋口弥次郎碑」
[参照ページ]
院庄滑川刑場で処刑された山中一揆の首謀者6人を供養するため建てられた「首無し地蔵」
[参照ページ]
播磨寛延一揆で刑死した滑甚兵衛・塩田利兵衛・又坂与次右衛門を祀る「置塩神社」
[参照ページ]
播磨寛延一揆の義民滑の甚兵衛を供養する「浄土三部妙典塚」
[参照ページ]
鳥取藩元文一揆の松田勘右衛門が処刑された場所に建つ「斬刑地蔵」と「題目塔」
[参照ページ]
鳥取藩元文一揆の松田勘右衛門を顕彰する八東川沿いの「東村勘右衛門碑」
[参照ページ]
免税の証拠となった秀吉の制札を納める「本要寺宝蔵」と直訴した2人を讃える「義民碑」(右奥)
[参照ページ]
一揆の首謀者と見られて処刑された堀江六之丞と妻よねを祀る「六之丞八幡宮」
[参照ページ]
飢饉に際し無断で年貢米を百姓に分けて処刑された白田六右衛門を讃える「義民白田六右衛門顕彰碑」と石祠
[参照ページ]
北沢清兵衛の生誕地に建てられた「天明山中騒動記念碑」
[参照ページ]
天明山中騒動の際に多数の百姓が松代城下を目指し集合した「城の平」
[参照ページ]
戦前に発見された上田藩宝暦騒動の発頭人「史跡 義民清水半平の墓」
[参照ページ]
上田藩宝暦騒動で処刑された「史跡 義民中沢浅之丞の墓」
[参照ページ]
上田藩宝暦騒動で永牢とされた庄屋「史跡 義民西戸太郎兵衛の墓」
[参照ページ]
二斗八騒動で処刑された高田村助弥を天神社に偽装して祀った「二斗八升神社」
[参照ページ]
二斗八騒動の犠牲者の名を赤字で記して供養したという信濃善光寺境内の「海津千人塚」
[参照ページ]
大正14年に二斗八騒動の義民顕彰のため生家近くに建てられた「義民助弥之祠」
[参照ページ]
二斗八騒動の原助弥が処刑された「鳥打峠処刑場」
[参照ページ]
籾摺騒動で処刑された鈴木源之丞を密かに供養するため建てられた「鈴木源之丞供養塔」
[参照ページ]
高尾神社の境内社として籾摺騒動の鈴木源之丞を祀る「喜国神社」
[参照ページ]
籾摺騒動の犠牲者の水沼亀右衛門と増淵六平を境内社に祀る「平出雷電神社」
[参照ページ]
紀元二千六百年を記念して義民顕彰のため建てられた「小林孫左衛門之碑」
[参照ページ]
一揆の責任を一身に負い打首となった小林孫左衛門が葬られた「蕃松院」
[参照ページ]
関観音堂の墓地内にある立派な宝篋印塔「義民遠藤兵内の墓」
[参照ページ]
児玉神社の境内社として関の兵内を祀る「義民遠藤兵内お宮(関兵霊神社)」
[参照ページ]
伝馬騒動の首謀者・関兵内が処刑された志戸川べりに建つ「義民遠藤兵内之碑」
[参照ページ]
庄屋の不正を越訴して死罪となった増田与兵衛を祀る「与兵衛明神」
[参照ページ]
堀越三右衛門・三木市右衛門の菩提を弔うため創建された「光心寺」
[参照ページ]
布施村弥五郎が処刑されたという「七里が渡し」近くの河原
[参照ページ]
松並勘十郎による水戸藩の宝永改革で農民を酷使して開削された「勘十郎堀」
[参照ページ]
勘十郎堀の工事の犠牲者を供養する「六部塚」
[参照ページ]
松並勘十郎が捕らえられて獄死した水戸藩の「赤沼獄」
[参照ページ]
市毛藤衛門が施主となり元禄年間に造立された先祖の供養塔「市毛藤衛門墓碑」
[参照ページ]
志戸崎騒動の農民らが集会を開いた「慈眼寺」
[参照ページ]
深谷の細野家墓地内に建つ「細野冉兵衛の墓」
[参照ページ]
志戸崎騒動の発頭人として打首となった貝塚恒助を供養する「貝塚恒助の墓」
[参照ページ]
一揆の犠牲者を供養するため麻屋治左衛門が建てた「牛久助郷一揆道標」
[参照ページ]
牛久助郷一揆の集会所となった「女化(おなばけ)神社」
[参照ページ]
共同墓地に残る牛久助郷一揆の頭取である「小池村勇七の墓碑」
[参照ページ]
共同墓地に残る牛久助郷一揆の頭取である「小池村吉十郎の墓碑」
[参照ページ]
川崎市の妙法寺境内に祀られる「久末義民地蔵」
[参照ページ]
久末のイノ木バス停近くにある「義民地蔵」
[参照ページ]
富川村庄屋彦治・源吾兄弟が処刑された関津峠にある「大石義民の碑」
[参照ページ]
幕府巡見使に直訴した大石義民を供養する往生寺の「彦治・源吾の墓」
[参照ページ]
御香宮神社に建つ撰文・勝海舟、題字・三条実美の「伏見義民事蹟」の石碑
[参照ページ]
大黒寺境内にある伏見義民の遺髪を納めた「伏見義民遺髪塔」
[参照ページ]
宮津藩文政一揆の犠牲者を供養する高さ5メートル超の「平地地蔵」
[参照ページ]
嘉久屋橋の袂にあたる「文政一揆蜂起の地」
[参照ページ]
天橋立に至る道路沿いに明治時代に建てられた「義士義民追頌碑」
[参照ページ]
吉田為治郎・新兵衛処刑地にあった「犬の堂の碑」
[参照ページ]
御津神社境内にある「義人平野源蔵・竹本庄右衛門顕彰碑」
[参照ページ]
大日墓地の「平野源蔵・竹本庄右衛門墓碑」(六地蔵の右側)
[参照ページ]
平野源蔵・竹本庄右衛門が処刑された場所という座王神社前に建つ明治時代の「共有山分割記念碑」
[参照ページ]
円通寺境内に建つ「義人庄屋源吉頌徳碑」
[参照ページ]
奥谷寺の「義民庄屋源吉之墓」。後ろが元の墓石で「安永四年二月ニ日」の命日を刻む。
[参照ページ]
藤江監物を祀る「晴雲神社」がある笠間稲荷神社東京別社
[参照ページ]
生き埋めにされた椎名源治を祀る香取市の「山神源治宮」
[参照ページ]
宮原八幡宮境内に建つ「圃租法変更紀念碑」
[参照ページ]
川口市郎兵衛を祀る「磔八幡」こと「青嶋八幡宮神社」
[参照ページ]
亀岡文殊参道脇にある高梨利右衛門を供養する「極重悪人碑」
[参照ページ]
二井宿小学校脇に移設された凝灰岩では日本最大級の石碑「大酬恩碑」
[参照ページ]
東京都大田区の善慶寺境内にある「義民六人衆の墓」
[参照ページ]
野洲市の三上山登山口にある土川平兵衛を祀る「保民祠」と「天保義民碑」
[参照ページ]
野洲市の共同墓地に営まれた「土川平兵衛の墓」
[参照ページ]
野洲市の共同墓地に営まれた「土川平兵衛の墓」
[参照ページ]
天保義民を供養するため江戸時代に大徳寺境内に建てられた「甲賀騒動義民の霊位五倫塔」
[参照ページ]
丹後街道沿いの正明寺にある「義民松木長操居士の墓」
[参照ページ]
松木長操が処刑された日笠河原の「松木長操記念公園」
[参照ページ]
小浜藩御蔵屋敷跡に建てられた熊川宿の「松木神社」
[参照ページ]
大原騒動で一揆勢が詰め掛けた「一宮大集会之地」
[参照ページ]
大原騒動後の取壊しを免れその後再建された元拝殿の「水無神社絵馬殿」
[参照ページ]
飛騨高山代官・郡代が政務を執った国史跡「高山陣屋」
[参照ページ]
佐倉宗吾を祀る成田市の「宗吾霊堂」
[参照ページ]
佐倉宗吾が処刑・埋葬された場所と伝わる「宗吾父子の御墓」
[参照ページ]
宗吾の生家といわれ現在も子孫が住む「宗吾旧宅」
[参照ページ]
佐倉藩が子孫の木内利左衛門に贈った供養田
[参照ページ]
佐倉藩主・堀田正亮が一揆で刑死した木内惣五郎を祀った「口ノ宮明神」(将門口ノ宮神社)
[参照ページ]
柴田助太夫の屋敷跡という雲龍の松そびえる「永安寺」
[参照ページ]
安城市の共同墓地内にある「柴田助太夫墓碑」
[参照ページ]
成瀬クリーンセンター向かいの「名主・原嶋源右衛門の死刑執行の場所」に建つ「崖山地蔵」
[参照ページ]
町田市南成瀬の原嶋源右衛門屋敷跡にある「原嶋源右衛門供養碑」
[参照ページ]
龍福寺境内に建つ巨大な「下田隼人翁碑」
[参照ページ]
小田原城下の大稲荷神社境内にある下田隼人を祀る「錦織神社」
[参照ページ]
弘行寺境内の下田隼人を供養する「観理円心の墓」
[参照ページ]
河内町の妙行寺境内にある「生板三義人供養塔」
[参照ページ]
禅昌寺山門の横に建つ宝篋印塔「白井半左衛門供養塔」
[参照ページ]
福住の住吉神社境内にある白井半左衛門寄進の「永代常夜灯」
[参照ページ]
御厨一揆の犠牲者を四相権現として祀る御殿場市民会館脇の「萩原神社」
[参照ページ]
万法寺跡に残る御厨一揆で死罪となった「野木久右衛門の墓」
[参照ページ]
御厨一揆の頭取の屋敷があった「萩原四相権現 野木久右衛門屋敷跡」
[参照ページ]
義賊として流行神化した半十郎を祀る福知山市の「梅干し半十郎観音」
[参照ページ]
二ノ坪村重兵衛らを祀る「柿の木地蔵」と古い供養塔の残骸
[参照ページ]
大身騒動で獄門とされた茂助の首が晒されたという細野峠の「大身騒動晒場跡」
[参照ページ]
甲斐の猿橋近くにある郡内騒動の「森武七墓碑」
[参照ページ]

義民のあしあと