義民のあしあと

四国地方


義民とは

義民とは、公の利益のために自分の利益を顧みず、その財物や尊い身命をなげうった人のことで、主に江戸時代の百姓一揆の指導者として、徒党を組んだり越訴を企てたとして領主から処罰されたものの、民衆からはかえって敬慕された人を指しています。
歌舞伎や講談、浪花節などにも採り上げられた佐倉宗吾のように、祠堂が建てられ、諡(おくりな)を付けられた場合もありますが、墓さえも禁止された場合には、稲荷や地蔵などに仮託することによって、その霊魂をなぐさめました。




メニュー

トップページに戻る


 

百姓一揆と義民の研究 Amazon アソシエイト

国立国会図書館


リンク


東御市福祉事務所
東御市福祉事務所における生活保護の手続き
下野国分寺
下野国分寺
下野国分寺は、栃木県下野市にある真言宗の寺院で、山……



↑ ページの最初に戻る