障がい者制度改革推進本部

障がい者制度改革推進本部とは

障がい者制度改革推進本部とは、平成21年(2009)に内閣府に設置された機関で、障害者権利条約の締結に必要な国内法の整備を始めとする障害者制度の集中的な改革を行うためのものをいいます。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

精神障害者保健福祉手帳1級の認定要件

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級までの等級が設けられています。
このうち、1級に該当するケースとしては、統合失調症であって、高度の残遺状態または高度の病状があるため、高度の人格変化、思考障害、その他妄想・幻覚等の異常体験があるものが挙げられます。

リンク:精神保健

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る