障害者虐待防止法

障害者虐待防止法とは

障害者虐待防止法とは、正式名称を「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」といい、障害者の虐待の予防と早期発見及び養護者への支援を目的として制定され、平成24年10月から施行されたものをいいます。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

児童相談所とは

児童相談所とは、児童福祉法第12条に定められている機関であって、18歳未満の子供に関して、専門的な知識や技術を必要とするさまざまな問題についての相談に応じています。
児童相談所への相談は、子供本人、家族、親戚、学校・保育所の先生など、誰からでも秘密厳守で受け付けています。
また、相談や検査、一時保護などにかかる費用は、基本的に無料となっています。

リンク:全国の児童相談所

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る