支援費制度

支援費制度とは

支援費制度とは、知的障害者福祉法、身体障害者福祉法、児童福祉法の改正により、平成15年度に導入された障害者福祉制度のことです。支援費制度によって、それまでの行政による措置から、利用者とサービス提供者の直接契約へと方式が改められました。サービスの利用希望者は、市町村に支給申請を行い、適当であると認められた場合に、市町村が一定の支援費(費用助成)を支給するものです。支援費制度は、平成18年に障害者自立支援法、現在の障害者総合支援法に移行しています。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

精神障害者保健福祉手帳2級の認定要件

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級までの等級が設けられています。
このうち、2級に該当するケースとしては、調和のとれた適切な食事摂取が援助なしにはできなかったり、洗面、入浴、更衣、清掃等の身辺の清潔保持が援助なしにはできないものなどが挙げられます。

リンク:精神保健

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る