少子高齢化

少子高齢化とは

少子高齢化とは、出生率がより少なくなり、平均寿命がより伸びたことにともなって、子どもが少なく高齢者の多い社会となることをいいます。この少子高齢化の影響として、社会保障負担の増大、労働力人口の減少、地域社会の疎遠化など進むことが指摘されています。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

精神障害者保健福祉手帳2級の認定要件

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級までの等級が設けられています。
このうち、2級に該当するケースとしては、器質性精神障害であって、記憶障害、遂行機能障害、注意障害、社会的行動障害のいずれかがあり、そのうちひとつ以上が中等度のものが挙げられます。

リンク:精神保健

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る