地域福祉コーディネーター

地域福祉コーディネーターとは

地域福祉コーディネーターとは、専門的な対応が必要な事例への対応、ネットワークづくり、地域に必要な資源の開発などを行う地域福祉の核となる人材のことで、住民の地域福祉活動を支援するため、市町村の一定の圏域に置かれるものをいいます。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

精神障害者保健福祉手帳2級の認定要件

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級までの等級が設けられています。
このうち、2級に該当するケースとしては、調和のとれた適切な食事摂取が援助なしにはできなかったり、洗面、入浴、更衣、清掃等の身辺の清潔保持が援助なしにはできないものなどが挙げられます。

リンク:精神保健

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る