地域包括支援センター

地域包括支援センターとは

地域包括支援センターとは、「介護保険法」の規定に基づく地域の総合相談窓口として、保健師、社会福祉士、ケアマネジャー等の専門職が、高齢者やその家族からの相談に対応し、支援を行う機関をいいます。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

マイナンバー制度について

マイナンバーが記載された「通知カード」は、平成27年10月以降、住民票がある市区町村ごとに送付されていますので、届き次第、自分のマイナンバーが何番なのか知ることができます。
そのほか、平成28年1月以降は、市区町村役場の窓口に申請すると、身分証明証として使える「個人番号カード」の交付を受けることができ、この「個人番号カード」にも、同様にマイナンバーが記載されています。

リンク:マイナンバー制度

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る