ドメスティック・バイオレンス

ドメスティック・バイオレンスとは

ドメスティック・バイオレンスとは、配偶者や恋人等の親密な関係にある人からの暴力、その他心身に有害な影響を及ぼす行為をいいます。ドメスティック・バイオレンスは、しばしば「DV」という略称で呼ばれることもあります。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

薬物依存について

覚醒剤やシンナーなどの依存性薬物を使用すると、一時的には快感が高まったりもするものの、しだいに身体・精神の両面にわたる依存が強まり、なかなかやめられなくなってしまいます。
これらの依存性薬物は、脳に作用して幻覚や妄想などをもたらし、生活の破綻をきたしますが、薬物依存症は必ずしも回復不可能な病気ではありません。
精神保健福祉センターでは、薬物依存症についての相談も受け付けています。

リンク:精神保健

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る