音声障害

音声障害とは

音声障害とは、音声を構成する四つの要素(声の高さ、声の強さ、音質、声の持続)のいずれかに障害が生じることで、喉頭に腫瘍や麻痺を生じたことなどを原因とする器質的障害のほか、心因性のものもあります。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

児童相談所とは

児童相談所とは、18歳未満の児童に関するあらゆる相談に応じ、児童や家庭に最も適した援助や助言などを行う機関で、すべての都道府県および政令指定都市に設置されているほか、一部の中核市にも設置されていることがあります。
出産や子育ての悩み、子供の性格としつけ、不登校やひきこもりなどの問題行動、非行その他のことがらについて、児童福祉司、児童心理司、医師などの専門職員が対応に当たります。
また、児童虐待から子供を守るための一時保護も行っています。

リンク:全国の児童相談所

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る