介護サービス計画

介護サービス計画とは

介護サービス計画とは、要介護認定を受けた高齢者が介護サービスを利用するにあたり作成される、具体的なサービスの種類や内容などを定めた計画のことをいいます。この介護サービス計画は、しばしば「ケアプラン」とも称されることがあります。介護サービス計画は、基本的に本人の意見を取り入れた上で、サービス担当者会議での協議を経て作成されるものです。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

マイナンバー制度について

マイナンバーが記載された「通知カード」は、平成27年10月以降、住民票がある市区町村ごとに送付されていますので、届き次第、自分のマイナンバーが何番なのか知ることができます。
そのほか、平成28年1月以降は、市区町村役場の窓口に申請すると、身分証明証として使える「個人番号カード」の交付を受けることができ、この「個人番号カード」にも、同様にマイナンバーが記載されています。

リンク:マイナンバー制度

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る