介護サービス計画

介護サービス計画とは

介護サービス計画とは、要介護認定を受けた高齢者が介護サービスを利用するにあたり作成される、具体的なサービスの種類や内容などを定めた計画のことをいいます。この介護サービス計画は、しばしば「ケアプラン」とも称されることがあります。介護サービス計画は、基本的に本人の意見を取り入れた上で、サービス担当者会議での協議を経て作成されるものです。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

児童相談所とは

児童相談所は、児童に関するさまざまな相談について、無料で対応し、児童福祉司、児童心理司、医師(精神科医などの専門のスタッフがチームを組んで、それぞれの子供にあった解決法を家庭とともに考えるほか、子供の虐待、里親制度などに関連した事業も行っています。
児童相談所は、それぞれの都道府県や政令指定都市の区域内に一つ以上は置かれているほか、一部の中核市でも設置している事例がみられます。
都道府県によっては複数の児童相談所を開設していたり、支所や分室などで遠隔地の対応を図っていることがあります。

リンク:全国の児童相談所

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る