介護サービス計画

介護サービス計画とは

介護サービス計画とは、要介護認定を受けた高齢者が介護サービスを利用するにあたり作成される、具体的なサービスの種類や内容などを定めた計画のことをいいます。この介護サービス計画は、しばしば「ケアプラン」とも称されることがあります。介護サービス計画は、基本的に本人の意見を取り入れた上で、サービス担当者会議での協議を経て作成されるものです。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

精神障害者保健福祉手帳1級の認定要件

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級までの等級が設けられています。
このうち、1級に該当するケースとしては、器質性精神障害であって、記憶障害、遂行機能障害、注意障害、社会的行動障害のいずれかがあり、そのうちひとつ以上が高度であるものが挙げられます。

リンク:精神保健

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る