苦情解決制度

苦情解決制度とは

苦情解決制度とは、福祉サービスに対する利用者の苦情や意見を幅広く汲み上げ、サービスの改善を図り、質の高いサービスの提供を実現するための制度のことをいいます。苦情解決制度に関連して、「社会福祉法」のなかでは、社会福祉事業の経営者は、利用者等からの苦情の適切な解決に努めなければならないものとされています。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

マイナンバー制度について

マイナンバーが記載された「通知カード」は、平成27年10月以降、それぞれの市区町村から順次送付されているため、届き次第、自分のマイナンバーを知ることができますが、そのほかの方法でも、マイナンバーを知ることは可能です。
たとえば、市区町村の窓口で発行する住民票には、申請の際にその旨を申し出れば、マイナンバーが記載されますので、ここで自分のマイナンバーを知ることができます。

リンク:マイナンバー制度

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る