権利擁護

権利擁護とは

権利擁護とは、社会的弱者が様々な局面で不利益を被ることの無いように、弁護あるいは擁護する制度の総称を指しています。「地域福祉権利擁護事業」としては、福祉サービスが利用者主体の選択と契約に基づき供給される仕組みとなりつつある中で、成年後見制度を補完する形で、痴呆性高齢者など自己決定能力の低下した人の福祉サービス利用を支援するための事業(金銭管理、書類預かり、契約代理)が、各地の社会福祉協議会によって実施されています。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

マイナンバー制度について

自分のマイナンバーは、住民票をもつすべての人に郵送される「通知カード」によってあきらかになります。
この「通知カード」は、平成27年10月以降、全国の市区町村で順次発送されることになっていますが、もしも平成27年10月以降に生まれた赤ちゃんがあった場合、役所に出生届を提出して、住民票に登録された時点で、あわせてマイナンバーも作成されることになりますので、保護者から改めて申請する必要はありません。

リンク:マイナンバー制度

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る