奉仕員養成研修事業

奉仕員養成研修事業とは

奉仕員養成研修事業とは、「障害者自立支援法」に定める地域生活支援事業の一つです。奉仕員養成研修事業では、聴覚に障がいのある人等との交流活動の促進とコミュニケーション支援事業の担い手を養成するための講座を開講するなどの取り組みをしています。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

マイナンバー制度について

平成27年10月以降、全国民に郵送されてくる「通知カード」によって、自分のマイナンバーとなる番号を知ることができます。
平成29年からは「マイナポータル」も運用開始予定で、専用のカードリーダーを使うことによって、自宅のパソコンからでも、行政機関からのお知らせ情報などを確認したり、行政機関がマイナンバー付きの個人情報をいつ、どことやりとりしたのかをチェックしたりすることができるようになります。

リンク:マイナンバー制度

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る