奉仕員養成研修事業

奉仕員養成研修事業とは

奉仕員養成研修事業とは、「障害者自立支援法」に定める地域生活支援事業の一つです。奉仕員養成研修事業では、聴覚に障がいのある人等との交流活動の促進とコミュニケーション支援事業の担い手を養成するための講座を開講するなどの取り組みをしています。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

マイナンバー制度について

自分のマイナンバーは、市区町村ごとに郵送される「通知カード」によって知ることができます。
この「通知カード」は紙製のもので、マイナンバーの確認には使えますが、本人確認用の身分証明証としては使えません。
マイナンバー入りの身分証明証にもなる「個人番号カード」は、別途申請する必要がありますが、この「通知カード」とともに申請書も同封されています。
写真を添付して郵送で申請することも、QRコードをスマートフォンから読み取ってWEB申請することも可能です。
もちろん、スマートフォンでなく、通常のパソコンからでも、申請用WEBサイトを通じた申請は可能です。

リンク:マイナンバー制度

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る