日中一時支援事業

日中一時支援事業とは

日中一時支援事業とは、「障害者総合支援法」に定める地域生活支援事業の一つです。日中一時支援事業では、障害者の日中における活動の場所を確保し、家族の就労支援や一時的な休息を図るための支援として、障害者(児)の一時預かりを行います。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

マイナンバー制度について

マイナンバーが記載された「通知カード」は、平成27年10月以降、住民票がある市区町村ごとに送付されていますので、届き次第、自分のマイナンバーが何番なのか知ることができます。
そのほか、平成28年1月以降は、市区町村役場の窓口に申請すると、身分証明証として使える「個人番号カード」の交付を受けることができ、この「個人番号カード」にも、同様にマイナンバーが記載されています。

リンク:マイナンバー制度

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る