日中一時支援事業

日中一時支援事業とは

日中一時支援事業とは、「障害者総合支援法」に定める地域生活支援事業の一つです。日中一時支援事業では、障害者の日中における活動の場所を確保し、家族の就労支援や一時的な休息を図るための支援として、障害者(児)の一時預かりを行います。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

ケースワーカーについて

生活保護に関する業務は、市部または区部であれば市または区に置かれている福祉事務所、郡部であれば都道府県の福祉事務所が担当するのが原則です。
これらの福祉事務所には、あらかじめ設定された地域ごとに、ケースワーカー(地区担当員と呼ばれる職員がおり、家庭訪問などを通じて生活保護受給者からの相談を受け付けたり、自立のための指導や支援をしたりします。
また、地域に住む民間人のなかから厚生労働大臣の委嘱を受け、福祉事務所と連携して地域の福祉に関わる仕事をしている民生委員もおり、同様に相談を受けたり家庭訪問をしたりすることがあります。

リンク:生活保護

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る