成年後見制度利用支援事業

成年後見制度利用支援事業とは

成年後見制度利用支援事業とは、「障害者総合支援法」に定める地域生活支援事業の一つです。成年後見制度を利用することが有用であるが、助成を受けなければ制度の利用が困難と認められる知的及び精神に障がいのある人に対して、制度利用に要する費用を助成します。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

児童相談所とは

児童相談所は、子供や家庭に対する効果的な援助を行うことによって、子供の福祉を図るとともに、その権利を擁護することを目的として設置されている都道府県や政令指定都市の機関です。
一部の中核市にも児童相談所が設置されていることがあり、全国では200か所以上となっています。
児童相談所では、児童にかかわる相談、調査、援助の決定などのほか、児童福祉施設への入所措置、里親の委託、児童の一時保護などを実施しています。

リンク:全国の児童相談所

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る