成年後見制度利用支援事業

成年後見制度利用支援事業とは

成年後見制度利用支援事業とは、「障害者総合支援法」に定める地域生活支援事業の一つです。成年後見制度を利用することが有用であるが、助成を受けなければ制度の利用が困難と認められる知的及び精神に障がいのある人に対して、制度利用に要する費用を助成します。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

児童相談所とは

児童相談所は、地域の必要に応じて、児童の健やかな育成と家庭・地域における児童養育を支援するための援助活動を行うとともに、住民にとってもっとも身近な児童家庭相談窓口となる市町村への支援などを行うことを目的として設置された都道府県の機関のひとつです。
都道府県のほか、政令指定都市のすべてと、金沢市や横須賀市のような、一部の中核市にも設置されています。

リンク:全国の児童相談所

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る