精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳とは

精神障害者保健福祉手帳とは、精神に障害のある人が各種サービスを受ける上で必要となるもので、申請書、診断書等の所定の書類を添えて交付を申請し、一定の精神障害と認められれば交付されるものです。精神障害者保健福祉手帳には、その障害の程度によって、1級から3級までの区別があります。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

マイナンバー制度について

自分のマイナンバーは、平成27年10月以降に順次市区町村ごとに郵送されている「通知カード」の記載により知ることができます。
マイナンバーは1人につき1つの固有の番号であって、生涯同じ番号を使い続けていくことになっており、特にマイナンバーが漏えいして不正利用されるおそれがあるようなやむを得ない場合をを除いては、原則として変わることがありません。
そのため、他の市区町村に引っ越しをしたとしても、マイナンバーが変わることはなく、むしろ変わらないことによって、過去の履歴を引きつぎながら、福祉や社会保障などの手続きをスムーズに進めることができます。

リンク:マイナンバー制度

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る