障害者雇用納付金制度

障害者雇用納付金制度とは

障害者雇用納付金制度とは、雇用している障がいのある人の数が法定雇用率(1.8%)に満たない事業主から、1人不足するごとに1月あたり50,000円を徴収し、それを原資として、法定雇用率を超えて雇用する事業主に対し、障害者雇用調整金(超過1人につき1月あたり27,000円)や助成金を支給する仕組みのことをいいます。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

健康に関わる扶助

生活保護の決定を受けた人に対して支給される保護費には、さまざまな種類がありますが、身体や健康に関連したものもそのなかに含まれています。
たとえば、医療扶助は、病気やケガの治療や療養のため、病院などの医療機関に対して支払う費用が該当します。
介護扶助は、介護保険のサービスを利用するために必要となる費用です。
出産扶助は、赤ちゃんを産むために要する費用です。
ほかに、葬祭に必要な費用に充てる葬祭扶助もあります。

リンク:生活保護

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る