宿泊型自立訓練

宿泊型自立訓練とは

宿泊型自立訓練とは、「障害者総合支援法」に定める障害福祉サービスの一つです。宿泊型自立訓練では、精神障害者や知的障害者の地域移行に向けて、一定期間、居住の場を提供し、家事等の帰宅後における日常生活能力を向上させるための支援等を行います。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

生活福祉資金貸付制度について

生活保護の受給ができなかった場合の次善の策として、低所得者などを対象とした低利または無利子の融資制度である生活福祉資金貸付制度の活用が考えられます。
都道府県の社会福祉協議会が取り扱っているもので、実際の相談や申請は各地区町村の社会福祉協議会の窓口となります。
貸付対象者は、市町村民税非課税程度の低所得者世帯、身体・知的・精神障害者手帳の交付を受けた人などが属している障害者世帯、65歳以上の高齢者の属する高齢者世帯となっています。

リンク:生活保護

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る